マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の自己啓発

今年の目標は英語の習得!だけど挫折しそうな方にオススメの1冊

《本記事の概要》向山淳子著『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』をご紹介します.今年の目標として「英語の習得」を掲げる方も多いのではないでしょうか?でも既に心が折れそうになっているあなたへ,私はこの1冊で英語がとても理解しやすくなりました.

 


日本語は難しい

このブログをいま読んでいただいているということは,あなたは日本人か,または日本語をマスターした日本国以外の方でしょう.日本語が読めるあなたは,日本語って簡単だと思いますか?難しいと思いますか?

 

私はブログを書いたり,仕事で報告資料を書いたりする中で,どういう言い回しが理解しやすいか?どういう順に言葉を並べるべきか?などと色々考えながら文章を書いていますが,言い回しの選択肢や同様の意味を持つ言葉が多く,難しい言語だなとつくづく思います.

 

どんな言い回しだろうがどんな言葉だろうが,母国語ですから何ら苦労することなく意味は汲み取れます.しかし,いざ文章を書こうとすると,どういう風に表現すべきかというのは意外と迷うことが多いものです.

 

日本語歴=年齢の私でもそんな状況なわけですから,日本語を母国語としない方々にとっての日本語はさぞ難しいんだろうなと思います.それでも第二言語として日本語を勉強しようという方はすごいです!

 

一方,日本人が勉強する第二言語といえば,やっぱり英語が圧倒的に多いですよね.今や小学生から英語が必修科目になる時代です.私が子どもの頃は,最初に英語を習ったのは中学生になってからと記憶していますが,正直に言って,中学・高校で習った英語のほとんどは身についていないといっても過言ではありません.

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

A→Bで全ての英文が読める

中学・高校で習う英語と言えば,「英文法」に「ヒアリング」に「英会話」など・・・いくつか異なるスタイルの授業がありましたが,いま振り返ってみても,それらの授業によって英語が身についていたとは到底思えません.教科書や英文を”読みたい”とも思わなかったし,英語力が自分にとってプラスになるという実感が当時は持てなかったからです.

 

それから時は過ぎ,自分で「英語が少しはできるようになったかな」と感じたのは,社会人になって何年か経ってからでした.仕事柄,英文(技術系の論文や外国製機械の取説など)を読むという作業が嫌でも必要でしたので,とにかくたくさん読みました.

 

その前に「どうやって英語を読めばいいのか?」というのを教えてくれたのがビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本でした.私にとっては,中学・高校と使っていた教科書よりも断然役に立つ英語の教科書でした.基本はとても単純で,本書の帯にも書かれているA→Bという形式で英文のほとんどが書かれているという話です.Aには主役(文法用語で言えば主語)が,Bには脇役(述語)が,矢印はAがBに何をしたか?という動作を表す単語(動詞)が入ります.

 

2016年,彗星の如く現れたピコ太郎さんのPPAPを例にすると,「I have a pen. I have an apple…」という歌詞のI(私)が主役,a pen(ペン)やan apple(リンゴ)が脇役,have(持つ)が動作です.PPAPはとても単純な歌詞(だから世界中にウケた?!)で,どのように持っているとか,どんなペンを持っているとか,そういったことは歌詞には含まれていません.でも,もしこういった説明を付け加えるとしたら,in〜とか,with〜とか,脇役の後ろに付録としてつけていけばいいということです.

 

基本はA→Bの形式で,in〜とかwith〜とかは全ておまけだ!ということを踏まえて英語を読めば,私の場合はとてもすんなりと読めるようになりました.頭の中で英文を瞬時にすんなり理解できるようになった感じです.そしてあるとき,形式をあまり意識しなくても英文が読めている自分に気がつき,そのときはじめて「少しは英語ができるようになったかな」と初めて思いました.

おわりに

私は少し英語ができるようになった程度で,流暢に喋れるわけでも,スラスラと書けるわけでもありません.読むことはそれほど苦にならないという程度です.まだまだ「英語ができる」とは到底言えないレベルです.でも,英語の構造を極めて単純化して示してくれた本書があったから,少しだけ前に進むことができました.

 

この記事を書いているのは1月も中旬に入ろうとしている頃ですが,新年の目標として「英語を習得する!」なんて目標を掲げた方もいらっしゃるのではないでしょうか?私も昔,新年の抱負は?と聞かれて「英語の上達」と答えたものの全く上達しなかった年があったなということを思い出し,久々にビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本を引っ張り出してきて読んでみたのでした.

 

難しい文法書や英語表現の教科書を前にして既に挫折しそうになっているあなた,ビッグ・ファット・キャットの本のように”シンプルに英語を見てみる”のも良いと思いませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました.あなたの英語学習に少しでもお役に立てれば幸いです.