マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の働き方

共働き夫婦が平日に家族団らんの時間を増やす方法

《本記事の概要》いまや共働き世帯は専業主婦世帯の2倍近くになっています.さらには長時間労働の問題も叫ばれている中,共働き世帯は平日どのように過ごしているのでしょう?夫婦や家族の時間をより幸せに過ごすために,最近我が家で始めたコトをご紹介したいと思います.

 


 

つくおき
出典:内閣府男女共同参画局HPより

 

共働き夫婦の悩み

あなたはご結婚をされていますか?されているとしたら,共働きですか?いまや半数以上の世帯が共働きと言われていますが,そんな共働き世帯の悩みのひとつに「夕飯の支度をする時間がない!メニューはどうする?!」という悩みが挙げられるのではないでしょうか.

 

家庭によっては役割分担されていて,100%妻(或いは夫)が夕食を作るというご家庭があるでしょう.一方,早く帰ってきた方が夕食を作るというご家庭もあるでしょう(我が家はこのパターンでした).あるいは,平日は完全に外食やコンビニ・スーパーのお惣菜やお弁当で済ませるというご家庭もあるでしょう.時間の節約という意味ではこれが一番ですかね.

 

どの方法が良いとか悪いとかいう話ではありません.自分たちのスタイルに合っていて,夫婦が互いに納得していればどの方法でも良いと思います.ただ,よく聞く話は,共働きにも関わらず妻ばかりが食事の準備をしていて,夫は何もやらない(だから妻の不満が溜まっている)という話です.

 

つくおき

 

平日夜は「つくおき」で時間と心に余裕を♪

我が家も共働きです.平日は18〜19時くらいに疲れて帰宅し,それから「さぁご飯をつくろう♪」という気持ちにはなかなかなれません.「さぁ〜(仕方ないから)作るか〜・・・」というテンションの人が多いのでは?私は料理することは嫌いではなく,むしろ好きな方ですが,それでも仕事で疲れて帰ってからあれこれ作業をするのはやっぱりしんどいです.

 

そんなことを思っていたある日,妻が”つくおき”しよう!と言い出しました.確かに週末に作りためておけば,平日はレンジでチンして食べるだけです.

 

私は「作り置きと言ってもそんなに日持ちしないんじゃないか?冷蔵庫でもせいぜい2〜3日くらいじゃないか・・・」と勝手な思い込みをしていました.たぶん自分が子どもの頃は母が毎晩夕食を作っていて,1週間も冷蔵庫に作り置きの品が入っていることはなかったからだと思います.

 

そんな思い込みがあったので,大量に作り置きしてもすぐに傷んでしまったりするのでは?というところが心配でした.でも,nozomiさんのレシピ本『つくおき』では,メニューによって保存可能期間が示されています.それも,5日間OKとか,7日間OKとか,意外と日持ちするのでびっくりしました.

 

これなら土日につくおきして,平日は温めて食べるだけという生活ができそうだな・・・と思い,実際につくおき生活を始めてみることにしました.

 

つくおき

約2時間で1週間分!

我が家では冷蔵庫の奥行きサイズに合わせたタッパーを6個用意し,これに1品ずつ,つくおきメニューを保存していきます.作るメニューにもよりますが,だいたい2時間くらいで5,6品は作ることができます.夫婦そろって比較的少食な我が家では,これで平日5日間はもちます!1食分足りなかった・・・ということも最初のうちはありましたが,最近では慣れてきて適量を作れるようになってきました.

 

私たちが「これはイイ!」と思ったのは,毎日色とりどりのおかずが食卓に並ぶことです.お肉やお魚や野菜も満遍なく取れます.一汁三菜と言いますが,共働き夫婦が毎日かかさず一汁三菜を準備するのってかなり難しいと思いませんか?でもつくおきならできてしまいます.なんと「即席みそ汁のもと」というレシピもあって,毎日汁物も用意できます!

 

平日の食事の準備に悩んでいる方は,ぜひ試してみてはいかがでしょうか.

最後まで読んでいただきありがとうございました.