マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
断捨離

実家の片づけ

《本記事の概要》断捨離を精力的に進めている私ですが,物置と化している実家の自分の部屋の片づけに着手しました.学生時代を過ごした実家の部屋にはあるモノが沢山つまっているせいでなかなか進みませんが,少しづつ片付いてきた今日この頃です.

 


「実家」という名の都合のいい物置

最近では多くの人が進学や就職,結婚を機に実家の生まれ育った家を巣立ち,新生活を始めることと思います.そしてまた,そのうちの多くの人はこれまで使っていた部屋を真っさらな状態に戻していく,なんてことはしないでしょう.もちろん真っさらな状態まで片付けられた方もいらっしゃるでしょうから一概には言えませんが.

 

私は就職を機に実家を出てから今年で10年になります.新しい生活を始めて数年もすれば,新しい家で使わなくなった物もいろいろ出てきます.そしてモノを捨てられない性格であるばっかりに,「とりあえず実家に置いておこうかな」なんて発想に辿り着いてしまうのです.結果,実家は都合の良い物置となり,昔使っていた自分の部屋はモノで溢れかえってしまいました.

実家の片づけを始めたが,なかなか進まない理由

人生がときめく片づけの魔法[近藤麻理恵]僕たちに,もうモノは必要ない.[佐々木典士]を熟読してこのままではいけない!と思い,正月休みを利用して実家の片づけを開始しました.しかし,なかなか片づけが進みません.理由は,思い出の品が多いからです.

 

人生がときめく片づけの魔法[近藤麻理恵]で紹介されていますが,断捨離を効果的に進めるには適切な順序があり,写真などの思い出品は一番最後と言われています.やっぱり一番捨てにくいモノですからね.学生時代を過ごした実家の部屋には何かしら思い出のあるものばかりで,捨てるのを躊躇ってしまうものもあります.結局正月休みだけでは終わらず,その後ときどき帰省しては片づけの続きを進めています.

 

おわりに

あなたも実家を都合よく使っていませんか?自分の持ち物は身の回りだけでなく,今住んでいる家,これまで住んでいた実家,会社,いろいろなところにあります.本気でモノを減らしたいなら自分が関わる全ての場所を見直さなければと思いました.

最後まで読んでいただきありがとうございました.