マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
ミニマリスト的思考法

ミニマリスト、スティーブ・ジョブズに教わる人生の選択

スティーブジョブズ

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。こんにちは!

 

さて今回は、iPhoneでおなじみアップル社の生みの親、スティーブ・ジョブズの伝記をご紹介します。ジョブズは世界でもっとも有名なミニマリストの1人と言ってもいいのではないでしょうか。この記事を読んでくださっているあなたも、iPhoneやiPadを使ってみえるのでは?多くの人に愛される製品を生み出したジョブズの人生が詰まった1冊です。

 

スタンフォード大学の卒業スピーチ

ジョブズが50歳のとき、スタンフォード大学で卒業生に向けたスピーチをしました。製品発表会でのスピーチは彼の代名詞とも言えるものですが、卒業スピーチというのはちょっと意外な感じもしますね。その卒業スピーチで、彼はこんなことを語っています。

 

人生を左右する分かれ道を選ぶとき、一番頼りになるのは、いつかは死ぬ身だと知っていることだと私は思います。ほとんどのことが−周囲の期待、プライド、ばつの悪い思いや失敗の恐怖など−そういうものがすべて、死に直面するとどこかに行ってしまい、本当に大事なことだけが残るからです。自分はいつか死ぬという意識があれば、何かを失うと心配する落とし穴にはまらずにすむのです。人とは脆弱なものです。自分の心に従わない理由などありません。

ウォルター・アイザックソン/スティーブ・ジョブズII より

 

伝記の著者であるウォルター・アイザックソンも、「すばらしいミニマリズムで構成された、シンプルでありながら魅力的なスピーチ」と評しています。

 

私も同感です。何かを選ぶとき、これ以上にシンプルな考え方はないのでしょう。もし自分が明日死んでしまうとしたら、今日何を選び、何をするのか?嫌いな上司からの頼まれごと?暇つぶしのネットゲーム?きっとそんなことやってる場合じゃないって誰もが思うでしょう。

 

このときジョブズは癌を患ってもいたので、自分の時間は限られていると心から思っていたのでしょう。ジョブズはその限られた時間を、クリエイティブに、製品を生み出すために使ったのです。自分の心に従い、やるべきことをやる。言うは安しですが、常に自分の心に素直に従うことがどれだけ難しいことか・・・軟弱者の私は、「こんなこと言ったら反対されそう」とか、「無難にこっちにしておこう」とかすぐに思ってしまいます。ジョブズに怒られそうです。

 

人間、誰でも平等に、死に向かって生きています。その人生の中には毎日沢山の選択支があって、四六時中何かの選択を迫られて生きていると思います。ひとつでも多く、自分にとって、家族にとって、周りの友人・知人にとって、有用な選択をし、ときには「どれも選択し得ない」という選択(つまり余計なことは排除)することもおこない、生きていければと思います。

 

最後にジョブズのスピーチ映像をご紹介しておきます。

 

youtube.com
 


youtube.com
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。