マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
厳選したモノ

EARIN|コードがまったくない完全なワイヤレスイヤホン

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。こんにちは。

 

今回はコード類がまったくない完全なワイヤレスイヤホン「EARIN」をご紹介します。コードが無いと、本当に煩わしさがなくて良いです。身の回りがすっきりと片付いてきたら、身に付けるモノも限りなくシンプルなものを選びたくなってきて、これに買い換えました。

 

※2017.10.4追記:現在はBOSEのクワイエットコントロールに買い換えました。EARINと共にオススメのイヤホンです。

最高の静寂性|BOSEのノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホンノイズキャンセルといえばBOSEのイヤホン こんにちは。ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。 今回はBOSE Qui...

EARINとは

EARINとは、全くコード類のない、世界最小のBluetoothイヤホンです。写真の通り、本当に全くコード類はありません。ものすごくシンプルです。

 

EARINはこんな方におすすめ

Bluetoothでない普通のイヤホンを使っていたころは、イヤホンの繋がったスマートフォンをどこへ入れようかいつも迷っていました。ズボンのポケットだとコードがちょっと突っ張るし、シャツの胸ポケットだと、上着の下になってしまって再生・停止などがやりづらくなるし・・・

 

思い起こせば、特に冬〜春の時期は本当に迷いました。冬はマフラーをする人も多いと思いますが、イヤホンを付けてからマフラーを巻くのか、マフラーを巻いてからイヤホンを付けるのか・・・

 

そして私は花粉症なのですが、マスクを付けてからイヤホンをするのか、イヤホンを付けてからマスクを付けるのか・・・

 

どちらでも良い話なのですが、耳元でイヤホンのケーブルとマフラーやマスクの紐が立体交差してしまい、どれかを外すときにうっかり絡まってしまったりするのです。そういうことが煩わしくて嫌な人には、EARINはおすすめですね。

 

EARINは専用充電器付き

EARINは専用の充電ケースに収納して充電しながら持ち運べるイヤホンです。充電ケース自体はマイクロUSBケーブルで自宅で充電します。充電ケース自体をフル充電にしておけば、イヤホンのフル充電2回分らしいので、外出先でも十分に使えるように思います。

 
EARIN
 

EARINを自分の耳に合わせるために付け足したモノ

私はどちらかというと耳が小さい方ではないかと思います。最初に付属のイヤホンチップを使ってEARINを付けたときは少し大きくて付けにくい感じがしました。どうしたらフィット感が向上するかと考えて、たどりついたのは3段キノコみたいなイヤホンチップでした。標準で付いてきたイヤホンチップではどうも収まりが悪い感じがしたので、後から別途購入して付けています。

 

おわりに

近年の技術の進歩は目覚ましく、とくにBluetoothやWiFiなど、線技術の発達でとても便利な世の中になりましたね。個人的にはケーブルが無くなるのはとても嬉しいです。

 

私の身の回りはとにかくワイヤレス化を進めています。ノートパソコン、スマートフォン、プリンタ、ハードディスク、イヤホン、デジカメ・・・すべてがBluetoothやWiFiで繋がっています。残すは電源ケーブルくらいで、これも無線給電技術の発達とともにいずれ消えていくのでしょう。そんな未来が待ち遠しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。少しでもあなたのモノ選びの参考になれば幸いです。