マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
ミニマリスト的思考法

自分のミニマリスト感について、改めて考えてみる

このブログを始めて、1年半以上が経ちました。タイトルを『モノを捨て、コトを改め、ミニマリストを目指して。』としたのは、断捨離がきっかけで(モノを捨て)、自分の考えや行動が変わってきて(コトを改め)、ミニマリストという言葉に出会って、これを目指そう!と思ったからです。

世の中の有名なミニマリストさんを見ていると、本当に持ち物が少なくて、「よくそこまで減らせるなぁ・・・」と思ってしまいます。私はミニマリストを目指してますと言っておきながらも、モノがキャリーバッグやダンボール箱1〜2個にまとまるほどになったりはしません。

たぶん、この先もそこまではなれない気がします。というか、キャリーバック1個までモノを減らそうとも思っていません。そんなのは”中途半端なミニマリスト”なのかもしれませんが、もしかして、コレはこれでありかもしれない、とも思っているので、今回はそんな話をしてみます。

ミニマリストとの出会い

私が”ミニマリスト”という言葉に出会ったのは、佐々木典士さんの著書「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」という本がきっかけでした。何にもない部屋で暮らしている佐々木さんの暮らしぶりに触れて、なんだかとてもワクワクしました。



最近、プロブロガーのあんちゃさんのブログを読んでいたら、どうやら彼女も佐々木さんの本を読んでミニマリストという生き方を知り、断捨離をおこなったそうです。彼女の場合、家にあった8割のモノを捨て、家まで手放し、会社も辞め、人間関係も整理したのだとか。その行動力には頭が下がります。

世界的有名人で言うと、iPhoneやMacで同じみアップルの元CEOスティーブ・ジョブズなんかも、ミニマリストと言える人物だと思います。彼の自宅にもホントにモノがなかったみたいですね。こだわりが強すぎて家具が決められなかったという話が彼の伝記に書かれていました。



私が目指すミニマリストとは

佐々木さんやあんちゃさん、そしてジョブズのようなミニマリストを見たり知ったりすると、モノを手放したり整理したり、ひとつのことに集中することって大事だなとは分かっていながらも、「あの人みたいにはなれないしなぁ・・・」なんて思ってしまって、けっきょく自分は行動に移せなかったりする人が多いのではないでしょうか。

目標が偉大すぎると「どうせ私には無理」という考えが頭をよぎってしまいます。でも、そこまで偉大ではない(と言ったら失礼かもしれませんが)目標ならば、「私にもできるかも」と思えるのが、人ってもんじゃないでしょうか。他人の真似をする必要はないのですが、あの人みたいになりたい!という人が、意外と身近に感じられる人だったら、「私もなれるかも」と素直に思えるものです。

私が目指すミニマリスト像は、そんなところかなあと考えています。現実的に、キャリーバッグ1〜2個に収まるまでモノは減らせない。妻や子どもだって居るし。でも要らないモノがなくて、部屋がスッキリ片付いていて、人間関係もスッキリ整理されていて、無駄だと思う時間がなくて(=自分の自由な時間が多くて)、お金の無駄遣いがなくて(お金に余裕があって)、残業も無くて、毎日豊かな暮らしを送れていると感じられる・・・

そんな人生を、ミニマリストという考え方をベースにつくっていきたい。そして、そんな豊かな暮らしを実現したいと思っているけどなかなか行動に移せないあなたのために役立つ情報を発信していきたい。そんなふうに考えています。

私はそんなに偉大な目標を掲げているわけではありません。「よりシンプルに。より豊かに。」そんなことを想いながら生きているだけです。私のブログ記事を読んでくれたあなたが、もし同じようなことを考えているとしたら、そんなあなたのためになる情報を提供していきたいです。

私の強みとミニマリスト思考

以前、「さあ、才能に目覚めよう」という本をご紹介した記事で、自分の強みを知るという話をしました。この本の中に出てくるストレングスファインダーというテストで、私の強みは収集心、責任感、未来志向、学習欲、共感性という5つのキーワードで表されることがわかりました。

そうです。ミニマリストというモノを減らすことを良しとする考え方を大事だと主張しているのに、私自身は収集心、つまりモノゴトを集める習性が強いことが特徴であり、強みなのです。これでは、自分の強みとはまったく真逆の考え方を崇拝しているようにも見えなくもありません。

でも、考えようによっては、こうは捉えられないでしょうか?もともとモノを溜め込みやすい収集癖のある人間(=わたし)でも、ミニマリスト思考で生活することでいろいろなことから解放され、人生うまくいってると感じることができる。ミニマリスト思考は、それだけ強烈な、インパクトのある考え方なのだと。

収集心を強みとする人は、いろいろなモノに興味を持って集めるということから、好奇心旺盛と言えます。確かに私には当てはまっていて、よく人から「多趣味だね」と言われます。そんな私は実態あるモノを収集することから、断捨離の経験、読書経験、仕事経験など・・・目には見えないモノを収集するように変わってきたのかもしれません。それを、「ブログ」という箱の中に収集し、並べて楽しんでいるのです。たぶん。

おわりに

私の記事に少しでも共感してくれたあなたに、もっと想いを伝えられるようになりたい。そして「よりシンプルに。より豊かに。」生きたいと思っているあなたに、もっと実践的な役立つ情報を届けたい。そうなれるように、すこしずつ行動し始めています。

まだ詳しくお話しできるレベルではありませんが、自分自身の考え方や経験を整理し、体系化し、お伝えできるようにしていきます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。