マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
ブログ

ブログはジャンル別に分けるべきか?考えてみた

私の結論。ブログは(とりあえず)ひとつにしようと思う。

 

 

モノを捨て、コトを改め、ミニマリストを目指して。』というこのブログは、2016年1月1日からスタートしました。お正月になると今年こそは◯◯やるぞ!と目標を立てる方も多いとおもますが、このブログの始まりも、「今年こそブログを継続するぞ!」という感じで始まったところがあります。

 

もともとは断捨離の経験からミニマリスト的な考え方っていいなと思ったところから始まり、ミニマリスト的な考え方・生き方を実践してみたことで、もしかして人生上向いてきた?と実感できるようになったので、あなたにも進めたいという気持ちと、自分の考えの覚え書きのつもりで、ブログを書いてみようと思い立ちました。

 

それが、たまたまお正月という時期だったので、よしやるぞ!という気になったんですね。私の思考回路は単純です。

 

 

ブログはジャンル別に分ける派と分けない派

今日は、ブログをジャンル別・テーマ別に分けるべきか、1本に絞るべきか、ということについて考えてみました。実はこのブログ『モノを捨て、コトを改め、ミニマリストを目指して。』を始めてから、これとは別に2つのブログ(合計3つのブログ)を書いています。

 

ブログを本格的に書くのは初めてだったため、書き始めた当初から様々なブロガーさんの記事を読んで勉強させてもらいながら、ブログ運営のいろはを学びました。そんな中のひとつに、「ブログ記事は1テーマに絞って書くべき」という意見があります。

 

確かに、1テーマに絞られていた方が、見る側としては分かりやすいなと思ったので、テーマ別にブログを分けて書いてみようと思い立ったのです。ですが、それでなくても更新頻度の低い私のような三流ブロガーが、いくつものブログを同時に運営できるわけはありませんでした。

 

最初から大変かもなーと思いつつも、とりあえずやってみたわけですが、やっぱり大変なのでやめます、というお話しです。ということで、ブログはジャンル別に分ける派だった私は、分けない派に転身いたしました。

 

ブログはジャンル別に分けない派の言い分

先ほど複数のブログを運営するのはやっぱり大変、という話をしましたが、もうひとつ思うところがあります。それは、「ブログを分けても、書いている自分自身はひとりの人間」ということです。

 

最近、よさ会議ファシリテーターという活動を始めました、という旨の記事を書きましたが、その活動の中で、自分の中にある想いを見つめて素直に言葉にする、というプロセスを何度も経ることになります。そして、自分自身を見つめることは、ありのままの自分を見つける、再発見することなんだなと感じたわけです。

 

 

Aという考えも、Bという感情も、Cという趣味・活動も、全て自分というひとりの人間の中にあるもので、ブログテーマ的にはジャンルが分かれるものでも、実はどこかでつながるところがあるなあと感じました。

 

もし、私のブログを隅から隅まで見て回ったら、矛盾する考え方をしていたり、言っていることとやっていることが合ってない、ということもあると思います。でも、それを他人にとやかく言われることではないし、ひとの考えや行動はどんどん変化していくものだと思います。

 

むしろその変化が面白いのかも、と最近思うようになりました。それこそが成長であり、自分らしいところなのかなと。自分が考える過程や行動とともに、ブログも成長していけばいいなあと思っています。

 

そんな想いもあり、ブログをひとつにまとめることにします。

 

創作ブログと通勤ブログ

まとめると言っても、このブログ以外の2つはほとんど記事を書いていません・・・ここまで書いておいて何なんですが。ひとつは趣味の創作活動について書いている『思い立ったが創作吉日!』、もうひとつは片道通勤2時間の過ごし方を書いている『通勤2時間.com』です。

 

これらのブログは、『モノを捨て、コトを改め、ミニマリストを目指して。』のひとつのカテゴリーとして吸収しようと思います。具体的には記事を移動させるか、何らかの形でリンクするようにするか、まだ決めてはいませんが。もしDIY(Do It Yourself、日曜大工のこと)や長距離通勤の過ごし方にご興味がある方は、これらの記事もご覧いただけますと幸いです。何かの役にはたつかもしれません。

 

 

 
 

おわりに

今回は、ブログはジャンル別に分けるか、分けないかという話をしました。私の結論は、分けない方が自分らしくていい、ということです。

 

もしかしたら将来的にまた分けることもあるかもしれませんが、とりあえず、しばらくは、1本に絞っていろいろ発信してみようと思います!今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。