マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の自己啓発

西野亮廣、革命のファンファーレ

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。こんにちは!

 

「行動しない人間はアホである」・・・さて、出だしから暴言ともとれる言葉ですが、これは私の言葉ではなく、芸人である西野亮廣さんの言葉です。そして、決して暴言ではありません。行動することはとても大事なことです。私も最近ひしひしと感じています。

 

行動しない人間はアホである
 
西野亮廣著 革命のファンファーレ より

 

さて、今回は西野亮廣著『革命のファンファーレ』をご紹介しつつ、改めて行動することを大事さを再確認した、というお話をしようかなと思います。やっぱり行動することは大事です!

 

一歩踏み出せない人が多い

さて、毎日楽しそうな人とそうでない人、仕事ができる人とできない人、成功する人としない人…これらを分けるものは何でしょうか?

 

いろいろな本を読んでいると、ホントいろいろなことが書いてあります。仕事ができる人はすぐやる習慣が付いている!とか、そういうやつです。確かにそうだな、と思うものばかりです。そういった「テクニック」や「やり方」的なことも大事ですが、一番大切なのは、まず、とりあえず、「行動すること」。これだけはどの本にも書いてあるように思います。

 

私自身も、こんなことを言っておきながら、まだまだ行動力が足りないと思っています。今までなら躊躇していたことでも、少しずつ行動に移すように意識していますが、特に仕事の場面などでは、頭で考えただけでやっぱりやめとこうか・・・と尻込みしてしまうことも多々あります。私は今の会社に入社して約10年が経ちますが、長くいる場所、長く続けていることほど、新たな行動を起こしにくいように思います。

 

私の場合、仕事もプライベートも含め、自分の知らない人ばかりが集う場所へ行くのが苦手でした。人見知りですし、自分に自身がなくて何を話せばいいか分からない、と思っていたので、そういった場所へは出かけられないでいました。いまは読書会やオンラインサロンや各種イベントなど、行ってみたからこそ得られた新たな出会いや学びがあり、行動してみて良かったと感じることが多いです。

 

最近、世の中では、「働き方改革」が流行っていますが、「働き方を変えよ」「自らを変えよ」などと行動を促されても、上司に言われるがまま早く帰宅したりするだけで、自ら一歩目を踏み出せない人の方が多いのではないだろうかと想像します。

 

でも、世の中のこのような流れも、ある意味チャンスかと思います。行動や変革を促されているわけですから、堂々と新たな試みを「やってみました」と言ってやってみればいいんですよね。

 
革命のファンファーレ
 

行動することに、勇気は必要ない。

 

行動することに、勇気は必要ない。
 
西野亮廣著 革命のファンファーレ より

 

さて、ではどうすれば一歩踏み出せるのか?行動を起こせるのか?「一歩踏み出す勇気があれば…」と思うかもしれませんが、西野さんに言わせれば、「行動することに、勇気は必要ない。」とのこと。私は勇気を振り絞って一歩踏み出した人間ですが・・・もう少し早く知りたかった(笑)。

 

一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ。(中略)情報は、行動する人間に集まり、更なる行動を生み、また情報が集まってくる。行動の連鎖だ。 
西野亮廣著 革命のファンファーレ より

 

一歩踏み出すためにはロジカルに考えること。つまり、情報を集め、これは出来る、行動に移した方が得策だ、という結論に至るロジックを組み立てれば、行動しない理由は見つかりませんね。「初めの一歩は勇気を出して!」と言われても、いつまでたっても勇気が湧いてきそうにありません。 

 

西野さんが言われる「行動の連鎖」は、確かに私も実感するところがあります。私の場合、例えば参加した読書会でたまたま隣に座られた方のお話にとても共感して、その後もお友達としてお付き合いさせていただいていたり、その方に教えていただいた本を読み、その本をまた別の場所で初めましての人たちに紹介してみたら、興味を持っていただいた方からその本に関するセミナーをやってみないか?と声をかけていただいたり。

 

これらは行動したからこそ得られた出会いや経験です。まさに、行動の連鎖です。

 

小さな行動を起こそう

あなたがいま、「こんなことやってみようかな・・・」と思っていることがあれば、まずはそれをやってみましょう!勇気を出して!・・・なんて言いません。西野さんの言われる通り、情報を集めればいいのです。

 

あなたがやろうと思っていることをあなたがやり遂げたとき、あなたにはどんなメリットがありますか?収入が増える、友達が増える、彼氏/彼女ができる・・・いろいろあると思います。

 

それに対して、今やろうと思っていることをやり遂げられなかったとき、どんなことが起こりそうですか?途中で失敗して恥ずかしい目にあう、1ヶ月分のお小遣いがなくなる、週末がつぶれる・・・これもいろいろありそうです。

 

でも、考えてみてください。長い人生の中で、一瞬恥ずかしい思いをしたり、週末が1回つぶれたり、そんなの大したリスクではないはずです。行動し、チャレンジし、何かひとつでも得るものがあれば儲けもの、くらいの軽い気持ちで挑んでみてはいかがでしょうか。

 

 

おわりに(私の行動宣言)

ちなみに私の次の行動目標は、ある会社にお勤めの社員さんとお友達になること。私が「この会社すごい!」と思っている会社の方に仕事でお会いできるチャンスが巡ってきました。知らない方にいきなり声をかけるなんて苦手中の苦手科目ですが、いろいろお話を聞いてみたい。

 

もしかしたら、「忙しいので・・・ごめんなさい」と一言、門前払いかもしれません(笑)。きっと一瞬恥ずかしい思いをするでしょう。でも、気さくにお話をしてくれるかもしれません。そしたら、私にとってはとても貴重なお話になるはずです。

 

「行動する」って、そんなこと?って思われるかもしれませんが、そんなちょっとした行動ですらやらずに過ごしてきた私の反省があります。何でもちょっとしたことがきっかけで、広がっていくものです。あなたも、私と一緒に「小さな行動」を起こしてみませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。