マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
ブログ

2017年のまとめ!そしてブログ3年目に突入!!

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。新年あけまして、おめでとうございます!

 

 

さて、このブログを始めてから丸2年が経ち、2018年になる今日で3年目に突入しました。書き始めた頃は、「ブログなんて続けられるだろうか・・・」という不安もゼロではありませんでした。実は過去にもブログを作ってみたものの、文字通り三日坊主で終わってしまったことも経験していたので・・・

 

そんな不安もありながら、気づけば2年間続けることができました。ずっと続けていると、いつの間にかブログを書くことがライフワークとなりつつあります。自ら発信することで自分を変えられることに気づいたから、というのもブログを継続している大きな要因です。

 

2018年の幕開け、ということで、2017年の自分を振り返りつつ、2018年にどんなことをしていきたいか、ちょっとだけ書いてみたいと思います。とは言え、こんなことしたい!と書いたところで、結果がどうなるかは全く予想ができませんけどね。後ほど書きますが、2017年も偶然の出会いがきっかけでいろいろな人と繋がり、いろいろな経験をすることができました。そうです。計画通りではなく、偶然です。

 

自分にとってのチャンスは偶然にしかやってこないし、いつやってくるかもわかりませんが、チャンスが増えるように行動することは大事かなと思います。

 

2017年の自分を振り返り

2017年は、私にとっては変化の大きい年でした。初めて読書会というイベントに行ったり、そこでたまたま知り合った人・考え方と意気投合して「チームのよさがみえる会議」のファシリテーターになったり、その読書会のテーマ本の著者さんのオンラインサロンで自分の価値の上げ方を学んだり、またサロンを通じてたくさんの行動力ある友達と知り合ったり・・・

 

思えば1冊の本から始まったこのような出会いの連鎖が、2017年の私にとっては何よりの収穫でした。藤原和博さんの著書に「本を読む人だけが手にするもの」というのがあります。まさに、本を読んだからこそ私に訪れた出会いであり、本を読む人だけが手にするものだと思いました。

 

本に関わるイベントは面白い!ということで、今年はビブリオバトルというイベントにも参加しました。ビブリオバトルとは、5分間で自分の好きな本を紹介するイベントです。それぞれが好きな本を持ち寄り、プレゼンしあい、その日一番読みたくなった本(チャンプ本)をその場で投票して決めるというものです。

 

月に一度、私の地元三重県にあるスタートアップくわなというコワーキングスペースで開催されるビブリオバトルに参加させていただき、チャンプ本にも2回選んでいただけました。2018年も時間の許す限り参加します。ちなみにチャンプ本に選んでいただいたのは以下の2冊。

 




 

こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」は、私の人生を変えた一冊です。このブログを始めることのきっかけにもなった本です。本ブログでも書籍についてご紹介していますのでよろしければこちらの記事もどうぞ。

人生がときめく片づけの魔法
こんまり流,片づけの魔法で私が変わったこと今回は、近藤麻理恵著 人生がときめく片づけの魔法をご紹介します。私はどちらかと言えば片づけができる方の人間だと思っていました。でも、片づ...

そして「チームが機能するとはどういうことか」は、私が「チームのよさがみえる会議」のファシリテーターになるきっかけにもなった本です。チームで何かしらの活動をする上で最も大切なことは何か。それは、心理的安全性です。これ、すごく大事です。だからこれからも、よさ会議ファシリテーターとして、心理的安全性の大切さを広める活動をしていきます。

『心理的安全性』を高めるオススメ本と研修プログラムのご紹介会社や部署のチームメンバーが互いに遠慮せず想いや考えを伝えあえる状況を「心理的安全性が高い」と言います。心理的安全性を学べる本をご紹介するとともに、心理的安全性の高い場作りを実践できるツールをご紹介します。...

私的2017年の漢字は「会」

毎年恒例ですが、年末が近づいてくると「今年の漢字」が発表されますよね。2017年は「北」という字でした。北朝鮮ミサイル、北海道じゃがいも不作、キタサンブラック・・・いろんな「北」が話題になりましたね。

 

私も勝手に2017年の漢字を決めました(笑)私的2017年の漢字は「会」です。前述の通り、私にとって今年は出会いの多い年になりました。またそれは、読書会やオンラインサロンやビブリオバトルなど、人が集まる「会」に積極的に参加したからでした。

 

どちらかと言えば人見知りで、人前で話すことはそれほど得意でもないし、ましてや初めましての人とはあまり雑談も続かない・・・という私ですが、それても行動を起こして自分を変えていかなければいけないと思うと、自然とそのような場に足を運ぶようになっていきました。

 

ほんの少し力が必要なのは、本当に最初の1歩だけ。自分がここだ!と思うところに足を運んでみること。自分がこの人だ!と思う人に会ってみること。誰もが持っているほんの少しの行動力をそれぞれが発揮し、心理的安全な場作りを念頭において活動をしていけば、誰もが自分らしい成果を出し、前に進んでいけそうな気がします。

 

2018年、目指すは「動」の年

そしてまだまだ気が早いですが、2018年のの漢字は「動」という字になるように、日々過ごしたいと思っています。もっともっと、自分から行動を起こす年にしたい。そんな想いを込めて、「動」という字を意識して行動します。

 

こういうときに思うのは、「もっと字が上手かったらなぁ…」ということ。筆をとり、カッコよく漢字を書いて、額にでも入れて見えるところに貼っておきたい。書いて、見ることで、意識も高まります。

 

残念ながら私は左利きで、筆で文字を書くことは苦手中の苦手です。小学校の習字の時間も、左手で筆を持って書いてはいましたが、毛筆の「止め」や「はらい」はやりにくくて仕方ない・・・

 

やや横道に逸れました。話を戻すと、2018年はもっともっと行動力を高める年にする、ということです。もちろんこのブログも継続します。私の行動の一環として、積極的に想いや考え、好きなモノ、楽しいコト、発信していきます。

 

おわりに

ということで2017年の振り返りと、2018年の豊富を語ってみました。先日、PDCA(ビジネスでよく出てくるplan、do、check、action)に関するある方のお話を聞いているとき、自分を振り返り、次の行動へ移すところが大事なんだという話を聞きました。確かにその通りです。

 

いろんなプランは立てるけど、あんなことやりたいな〜、こんなことやりたいな〜と思っているだけでは何も始まりません。年の変わり目、月の変わり目、週の変わり目…そういった節目で自分を振り返り、次の行動を起こす。これを繰り返すことを自分のルーティーンに組み込めたら、なんだってできてしまいそうな気もします。

 

PDCAってビジネス上での話だけかと思っていましたが、人生においても大事だなということを最近感じています。そんな話は長くなりそうなので、また別の機会に。

 

それでは2018年も当ブログ『モノを捨て、コトを改め、ミニマリストを目指して。』をどうぞよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。