マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
三重県おでかけ情報

【2018】三重県伊勢・松阪の桜|誰もが知る名所から穴場的スポットまで3選

花粉症が辛いけど桜を見るためなら外へ出かけちゃうヨシヒロです。こんにちは。

 

花粉症の人にとっては辛い季節ですが、桜の花が綺麗なとてもいい季節になりましたね。今日は平日ですがお花見に出かけました。私は三重県在住ですが、今回は三重県の桜の名所をご紹介します。有名な場所から穴場的なスポットまで!

 

伊勢神宮周辺

言わずと知れた、三重県伊勢市の超有名観光地である伊勢神宮周辺は桜の名所でもあります。今回は2018/3/31(土)の午前中に内宮周辺を訪れた際の混雑具合など含めてレポートします。

 

お花見スケジュール

2018/3/31(土)桜満開、快晴の日。10:30駐車場到着→11:00おはらい町散策→12:00内宮お参り→13:00駐車場から出庫 というようなスケジュールでお花見+散策を家族3人で楽しみました。

 

内宮前、川沿いの駐車場付近の桜

駐車場周辺に桜たくさん咲いてます

朝10:30頃、内宮前の駐車場に到着した際は、既に駐車場がいっぱいでした。私たちは第5駐車場と書かれた川沿いの土手に駐車することになりました。この時間帯、第5駐車場はまだかなりの余裕がありました。

 

内宮周辺で桜が最も綺麗なのは、多分この駐車場付近だと思います。川沿いにたくさん咲いていて、写真撮影を楽しむ方を多く見かけました。後述しますが、おはらい町や内宮の中へ行くとあまり桜はありません。

 

赤福本店周辺の様子

おはらい町で食べ歩き

川沿いの桜を満喫しながらおはらい町、おかげ横丁へと入っていきます。ここは既に大混雑・・・とっても賑わっていました。この辺りに桜はほとんど無く、花より団子といった感じで食べ歩きを楽しみます。

 

内宮へお参り

一通り食べ歩きを楽しんだら、内宮へお参りです。こちらもたくさんの人で賑わっていました。内宮の中には背の高い桜がいくらかあります。庭園の一部といった感じで、花がたくさんある感じではないですが、風情があっていいですね。

 

内宮の桜と庭園

 

本当は外宮と内宮の両方をお参りするのが基本のようですが、時間の都合もあり内宮のみお参りして帰ることにしました。13時少し前に駐車場より出庫しました。この時間帯に帰る方もちらほら見られ、出庫に15分ほどかかりました。1台ずつ出庫ゲートでお金を払う方式なので時間がかかります・・・

 

人混みが苦手な私にとっては少し疲れたお花見でしたが、満開の桜と風情ある桜、そして食べ歩きも楽しむことができて大満足のお花見でした。

 

気をつけたいこと

有名観光地ということもあり、混雑は覚悟してくださいね。迷子の放送も何度か聞きました。ここではぐれたら探すのに相当苦労すると思いますよ・・・お子さま連れでお出かけされる方はくれぐれもお子さまの手を離さないでくださいね。

 

松阪城公園

次にご紹介するのは、三重県松阪市にある松阪城公園(松阪城跡)です。松阪城のお城は無く、石垣と資料館しかありませんが、隠れた(隠れてない?)桜の名所です。伊勢神宮ほど観光客は多くなく、地元の人のお花見スポットという感じでしょうか。

 

松阪城公園案内板

 

お花見スケジュール

2018/3/30(金)桜満開、快晴の日。11:00頃駐車場到着→松阪城跡を散策→13:00駐車場を出庫 というスケジュールでお花見を楽しみました。

 

駐車場について

お花見をしようと思うと、お弁当に、アウトドア用のテーブル、椅子、敷物・・・と、結構荷物がかさみますよね。郊外のお花見スポットであれば車で行きたいところですが、有名な花見スポットだと、このシーズンだけ高額な駐車料金を取られる場所もあると思います。

 

でも、松阪城公園の隣にはおそらく200台程度は駐車できる市営駐車場があり、無料で使用することができます。これはありがたいですね。

 

桜満開、快晴の平日というこの日、お昼の11時半頃に行ってみたら駐車場は満車に近かったですが、パッと見ただけで数台の空きはあり、出待ちするほどではない様子でした。おそらく休日は満車だと思いますので、平日のお出かけをおすすめします

 

松阪城公園とは

松阪城公園は城跡である石垣のみが残っている場所で、資料館以外の大きな建物はありませんので、だだっ広いスペースが広がっています。だだっ広い・・・言い方悪いですが、お花見するにはもってこいです!

 

そして、段差が多いため、少し下の段に生えている桜の木を、一段登ることで間近に見ることができます。手で触れられる場所に桜の花がある場所もあり、桜と一緒に写真を撮るには絶好のスポットだと思います。

 

松阪城公園頂上付近にて

 

そして、公園内にはもちろんトイレも完備されています。あまり綺麗ではないかもしれませんが・・・お花見でアルコールも入ったら、トイレも行きたくなりますよね。大丈夫です!ありますよ〜

 

絶景ビュースポットあり

そして、桜とともに楽しめるのが、松阪市内の景色です。夜は桜のライトアップとともに、街の夜景も楽しむことができます。昔の城主は毎日ここからの景色を楽しんでいたんだなぁ・・・なんて思いながら、しばし見とれてしまいました。

 

地元の人にはよく馴染みのある場所で、私も学生の頃から何度も訪れたことがあります。夜景スポットということで、デートスポットとしてもいい場所ですね。

 

松阪城公園から松阪市街を眺めて

 

気をつけたいこと

せっかく楽しいお花見を台無しにしないためにも、ぜひ気をつけて欲しいことが一つだけあります。それは、本当に石垣だけがそのまま残された公園で、柵など安全対策はほとんどされていません。

 

石垣の淵まで行くと、すぐ目の前は崖っぷち、という場所です。小さなお子さま、特に一人で走りまわっちゃう年頃のお子さまと一緒に行かれる場合は、くれぐれも目を離されないようにしてくださいね。

 

それから、これもやはり石垣がそのまま残った公園、ということで、エレベーターなどの設備は当然ありません。全て階段です。スロープの部分もありますが、かなり急なため、車椅子を利用される方などは頂上までは行けないかもしれないです。お気をつけくださいね。

 

中村川堤防

さて最後にご紹介するのは、中村川の堤防沿いです。中村川ってどこやねん!と突っ込まれそうなくらい、ローカルな場所です。中村川は、近鉄伊勢中川駅を降りて、歩いて10分ほどの場所です。

 

観光名所でもなんでもなく、ただ「地元で桜が綺麗な場所」というだけです。こちらは妻と子どもが平日に行ってきたとの事で、代わりに私がレポートします。

 

中村川の桜

 

お花見スケジュール

2018/3/28(水)、桜九部咲き、快晴の日。11:00頃徒歩(ベビーカー)にて現地到着→桜の下でランチ→13:00頃現地解散 のようなスケジュールでお花見を楽しんできました(妻談)。

 

観光地でもない、休日でもない、平日昼間のある田舎の川沿いの堤防。それほど混雑するわけもなく(笑)、ゆっくりお花見が楽しめそうです。

 

この時期どこに目をやっても桜が咲いていて、どこでもお花見できてしまいそうな気がしますが、いざ行ってみると、座れる場所がなかったとか、車が停められなかったとか、こういったローカルな場所ほど情報も少なく、お花見に行きづらかったりしますね。

 

中村川堤防は近くに近鉄伊勢中川駅という大きなターミナル駅があることもあり、周辺に駐車場(コインパーキング)も多いし、コンビニなども充実しています。

 

気をつけたいこと

現地にトイレなどは多分ないです。また、観光地でもないので、ゴミ箱とか、設備面も整っていません。ですので、短時間のお花見なら人も少なく、お勧めできる場所、という感じですね。

 

おわりに

我が息子にとっては初めての桜の季節。外へ出かけた時は、とても楽しんでいる様子でした。2018年の桜は4月1週目くらいまではなんとか楽しめるでしょうか・・・雨が降らないことを願うばかりですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後に、個人的にいちばんおすすめな松阪城公園の写真を何枚か載せておきます。

 

松阪城公園内の資料館
松阪城公園内
松阪城公園について