Creative

大オンライン時代の到来!名刺に代わるWEBページが必要な時代?!

こんにちは、ヨシヒロです。

始めてこのWEBサイトを訪れていただいた方は有名人でも芸能人でもない僕のことなんてまったく知らないと思いますが、8つもWEBサイトを運営している、企業様のブログやブランディングサイト構築経験もある、noteでは毎日更新を1年以上続けている、なんて言うと、

あっ、ITとかWEB関係の人なんだ…

って思うかもしれません。でも、実は全然”ITとかWEB関係の人”じゃありません。最初は個人的に小さなブログを始めたことがきっかけで、今では個人や企業の情報発信のお手伝いもさせていただけるほどになりました。

ここ数年、副業解禁や働き方改革など、個人の活動の幅も広がりつつある中で、新型コロナウイルスの蔓延という事態に世界が見舞われました。

リアルに人と会えない日々が続き、オンライン会議や在宅勤務が急速に普及している現実があります。アフターコロナの時代、ウィズコロナの時代などと言われていますが、言い換えればまさに”大オンライン時代”の到来です。

非非IT系はオンライン主流の時代をどう生き残るのか

こんなとき、IT系の仕事をしている人やWEBサイト制作に強い人は、この時代をうまく切り抜けていけるかもしれません。

日本中・世界中の人々がオンラインでの仕事や面会を基本としだしたのですから。まさに自分の得意とする空間に多くの人がなだれ込んでいるわけです。

でも、僕みたいな非WEB屋・非IT系な人間はどうでしょうか。まったくWEB上での自己表現をしていない人は、これからの時代、自分を発信する手段が非常に限定されてくるかもしれません。

「自分を発信すること」なんて必要ないと考えている方も大勢いらっしゃると思いますが、少なくともあなたは、このページをここまで読んでくれている時点でそうではないと思います。(だから、もう少しこの先を読み進めてみてくださいね)

アフターコロナの時代には、誰もがWEB上での発信ができる基礎を身に着けている必要がありそうです。

アフターコロナを生き抜くために必要な情報発信スキル

いまやFacebook、Instagram、TwitterにnoteにTikTokに…情報発信の手段(SNS)はいくらでもあります。

でも、それぞれのSNSにはよく利用している年代に偏りがあったり、140文字以内しか書けない、写真が中心、短い動画限定…など様々な制限があります。

もちろんこの”制限”は見方を変えれば”特徴”であり、こういった特徴があるからこそ自分を表現しやすい場になっているとも言えます。

以下は個人的な意見ですが、様々なSNSで発信するのはもちろんやってみたらいいと思います。でもそのベースとなるような、世の中の流行りに流されない自分の発信媒体を持っているというのは、これからの時代非常に心強い存在になるんじゃないかと思うのです。

むしろ、大手SNSサイトだろうと今後その運営がどうなるかわからない時代です。TikTokの米国での利用を巡るいざこざは記憶に新しいところですが、あんなことが他のSNSでも起こらないとは限りません。

ある日突然、いつものSNSが使えなくなってしまう…なんてことが起こるかもしれませんね。SNSを自分の名刺代わりのようにしている人もいるかもしれませんが、プラットフォームがなくなってしまったら元も子もありません。

ビジネスをやってる99%以上の人は常に名刺を持ち歩いていると思いますが、WEB上で名刺の代わりになるような、自分らしい1ページを持っていることが、これからの時代に必要だと感じています。

そのために、最低限の情報発信スキルを小学校や中学校で教えてほしい!と僕なんか思ってしまうくらいです。

自分らしさを発信するサポートをしたい

とは言え、教育現場はなかなか変わらないという実情や、そもそも教師でもない自分が教育を変えようなんてことは難しすぎます。

ヨシヒロ
ヨシヒロ
じゃぁこの時代に僕ができることはなんだろう…

いろいろ考えた結果、僕は僕の”自分らしさ”を最大限に発揮するしかない!というところに行きつきました。

僕が”自分らしさ”を発揮することは、誰かの”自分らしさ”の発揮をサポートすることなんです。

僕の”自分らしさ”とは、マルチ・ポテンシャライト性であり、責任感、共感性、個別化といった強みです。

僕の性格を端的に表しているのが”マルチ・ポテンシャライト”という言葉です。日本語にすると様々な言い方ができますが、とにかく好奇心旺盛ということです。

責任感、共感性、個別化といった強みは、ストレングス・ファインダーという有名な強み診断テストにより明らかにした僕の強みです。

これらの強みや自分らしさを総合してやれることは何か、って考えた時に出てきたのが、「誰かの”自分らしさ”の発信をサポートすること」でした。

長年発信し続けてきて気づいた自分らしさ

2016年のお正月に個人のブログを書き始めてから、ブログでは数百におよぶ記事を書き、SNSの要素もあるnoteでは毎日1,000字程度の投稿を1年近く継続しています(本記事の執筆時点)。

また、いくつかの企業様の情報発信のお手伝いもさせていただいたりする経験にも恵まれました。記事を寄稿したり、WEBサイトのデザインや運営を請け負ったり。

いろいろと発信してきた中で思うのは、自分が先頭に立つというより、誰かのサポートをすることに喜びを感じるタイプなんだとうことです。

ブログを収益化のために運営することを考えている人も多いと思いますが、そういう人は収益化がなかなかできないと1年もたたずに辞めてしまう人が多いと聞きます。

僕のブログはと言えば、正直に言うと最大でも月に5万円程度の収益しか生み出しません。でも、会社員のお小遣いと考えれば十分な額です。

それでもずっと文章を書くことを続けてこられたのは、やっぱり文章を書くことが好きで、自分を発信することでより”自分らしさ”に磨きがかかることに気がついたからです。

これからやりたいこと

自分自身の発信活動はそうやって軌道に乗せることができた、というのが現在地です。でもやっぱり、誰かに喜ばれて自分も喜びを感じるタイプの人間なので、これからは誰かのサポート役として活動したいという想いが強くなってきました。

そこで、WEBサイト構築のサポートを始めることにしたのです。

非WEB屋・非IT系な自分が「WEBサイト構築のサポートやります」なんて、どの口が言ってんだって思われるかもしれませんが、非WEB屋だからこそ、上から目線じゃなくあなたと同じ目線で、あなたの情報発信のサポートをさせてもらえたら嬉しいなと思っています。

(WEB開発を本業とする方がみんな上から目線だ!という意味ではないですからね!)

素人(に毛が生えたレベル)には素人なりの視点があるし、これが自分の特徴や強みを最大限生かせる方法だといまは思っています。

ヨシヒロが提供するサービスについて

僕が提供するWEBサイト構築サービスは、BASEというサイトを通じてサービス提供します。サービスの具体的な内容についてはBASEのショップに掲載している販売メニューをぜひ見てみてください。

基本的にはWordPressというコンテンツ・マネジメント・システムを使った個人(または企業)のブログサイト構築支援です。

ただ、普通のサービスと違うところは、基本的にはWordPressのインストールやWEBサイトのデザインなどはあなたにやってもらうところです。僕は”伴走者”としてあなたにWEB上で寄り添いながら、マンツーマンでサポートしていきます。

幸か不幸か、オンライン会議システムは爆発的に普及し、その性能や利便性も日進月歩で進化しています。そんなオンラインツールを使いながら、あなたのWordPressサイトの構築をゼロからサポートいたします。

  • もう少し詳しく話を聞きたい
  • こんなWEBサイトをつくりたいと考えているんだけどどうかな?
  • パソコンの操作方法も危ういけど大丈夫かな?

いろいろ不安なこともあるかと思います。もしよかったら、まずは気軽にお問合せフォームからメッセージをお送りください。

本当はそのあたりのコンサルティングについても有料販売していこうと今後は考えているのですが、僕のサービスも軌道に乗るまでは、オープンにご相談をお受けできるようにしておきたいと思います。

お問い合わせ2 お問い合わせフォーム yoshihiro3.comへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください。ご質問、ご意見など、何でも構い...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたのWEBサイト構築を通じて、よりあなたらしさを発揮するお手伝いができる日を楽しみにしています。