マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の自己啓発

ストレングスファインダー|あなたの「隠れた才能」が絶対に見つかる本

《本記事の概要》あなたは「自分の強み」を知っていますか?なんとなく分かっていてもうまく言葉で表現できない人も多いように思います.『さあ,才能に目覚めよう』は,自分の強みを明確に示してくれる1冊です.あなたも自分の強みを明確化して,人生に生かしてみませんか?

 


 

さあ,才能に目覚めよう/ストレングスファインダー

 

才能とは何か

才能とは,「繰り返し現れる思考,感情および行動パターンであり,何かを生み出す力を持つ資質」である.言い換えれば,あなたが天性の知りたがり屋だとしたら,それまた才能だということだ.競争心旺盛ならそれも才能だ.愛嬌があるのも才能なら,根気強いのも,責任感が強いのも,どれもみな才能である.

出典:マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著 さあ,才能に目覚めよう

「あの人は才能がある」と聞くと,あの人には何か,普通の人が持っていない特殊な力があるのだろうと思ってしまいませんか?

 

日本のテレビ番組では,音楽家や芸術家として成功した人を特集したりして「すごい才能の持ち主」だなんて言いますよね.それは間違いではないのですが,じゃぁ音楽家や芸術家として成功していないテレビの前の大勢の人は「どうせ私には才能がない」と思ってしまうわけです.

 

今回ご紹介するマーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著『さあ,才能に目覚めよう』は,誰もが持っている思考や感情や行動パターンの中にこそ才能があるのだと言っています.つまり,誰でもみんな才能の持ち主なんですね!

 

自分の才能を見つけてみませんか?

さあ,才能に目覚めよう』を1冊購入すると,自分の才能・強みを判定してくれる心理テストのようなものを受けることができます.ひたすら簡単な質問に答えていくだけなんですが,けっこうな質問数で,私は45分くらいかかったと思います.

 


↑↑Amazonで見る↑↑

 

あなたは普段の仕事の中で,得意な部分と不得意な部分,好きな部分と嫌いな部分がありませんか?例えば,一人で黙々と作業することは誰よりも速く完成度が高いけれど,その結果をレポートにまとめたり人前で発表することは誰よりも下手くそ,とか.

 

不得意だったり嫌いなことはできるだけやりたくないのが人間というものです.でもやらなければならないのが会社というものです.辛いですね.

 

うまくいかないと,なぜできないんだろう・・・とついつい落ち込んでしまいますが,その落ち込んでいる時間ってもったいなくないですか?

 

私も他人のことを言えず,できない自分によく落ち込んでいたりしますが,一方で,自分には才能があるんだと分かっていれば,気持ちの切り替えもしやすいものです.

 

ダメな部分というのは,他人の目にも自分の目にもつきやすいものですが,「隠れた才能」というのはなかなか他人にも自分にもわかりにくいものです.

 

それを教えてくれるストレングスファインダーというテストは,これからの社会を生き抜いていく人にとって,とても有用なものだなと思います.

 

ミニマリストを目指しているのに一番の才能は”収集心”だった

ちなみに私の才能は以下の通りで,①収集心,②責任感,③未来志向,④学習欲,⑤共感性ということみたいです.

 

 

ブログのタイトルに「ミニマリストを目指して」と表記し,捨てることの重要性を語っている私ですが,私の才能のひとつは”収集心”だそうです.

 

解説を読んでみると,要するに私は知りたがり屋であって,形のあるモノ・ないモノに限らずいろいろ集める習性があるようです.これはつまり,いろいろなことに好奇心を覚えるということだそうです.

 

私の才能が”収集心”だけだったら,ミニマリストを目指すなんてブログのタイトルにしていることがまるで自己否定のように思えてしまいますが,私の才能はこれだけではありません.

 

他には例えば”未来志向”という才能があるようです.これは,もし◯◯だったらどんなに素晴らしいだろう!と,未来を具体的に想像し,その将来像が自分自身を鼓舞し,未来へ引っ張っていってくれるということです.

 

私は色々なことに興味津々な”収集心”の持ち主ですから,あるときミニマリズムという考え方に興味を持ちました.そして,もし自分がミニマリストになったら・・・と”未来志向”を発揮し,さらにここで”学習欲”を発揮して色々な本を読み,著者の考えに強く”共感”し,これは自分がやらなければ!という”責任感”を発動して,今に至っているのだと思います.(とても勝手な自己分析ですが)

 

とにかく結果として,私はいま,少しずつですが人生が好転し始めたと感じています.それはきっと,自分の才能,強みをうまく使えているからだろうと思っています(思い込みかもしれませんが,それでもいいのです).

 

 

おわりに

あなたが進路を迷っているお子さんの親御さんだったら,ちょっと心理テストやってみない?とストレングスファインダーをお勧めしてみるのも良いかもしれません.

 

あるいはあなたが就活生で,これから自分を売り込んでいこうとしているのであれば,自分の強みはこれだ!と自信を持って言えるように,ストレングスファインダーをやってみてはいかがでしょうか?

 

わずか1,600円の本1冊で自分のことがこれだけ理解できるというのは,個人的にはすごい費用対効果だなと思いました.

 

なお,ストレングスファインダーのテストは基本的に1回しか受けることができず,直感的な回答を促すために1問あたりの回答時間が限られています.テストはパソコンを使ってやりますが,迷いすぎていると次の質問の画面に勝手に変わります(私も1〜2問未回答で流れてしまいました).テストを受けるときは1時間くらい落ち着いてできる時間を確保してから臨んでくださいね.

最後まで読んでいただきありがとうございました.