マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
イベント

HOUSE VISION 2を訪ねて

《本記事の概要》東京・お台場で開催されているHOUSE VISION 2に行ってきました.未来の家づくりの斬新なアイデアにたくさん出会うことができました.私にとって未来の住まい方を考えることは,いまの働き方を考えることでもあります.未来のためには,今が重要です.

 


サンプル画像

HOUSE VISION 2とは

HOUSE VISIONとは、日本人の暮らし方を具体的に提示するためにつくられた情報発信と研究のプラットフォームです。研究会、シンポジウム、書籍、展覧会などさまざまな方法で、住まいの「新しい常識」を発信し、議論を交わしていきたいと思います。
(HOUSE VISION ウェブサイトより)

未来の住まい方を考える場,といった感じでしょうか.詳しく知りたい方はWEBサイトを覗いてみてください.

http://house-vision.jp/about/

 

将来の暮らしを考える

最近私は,わりと近い将来の自分の暮らし方について,よく考えることがあります.その理由は主に2つあります.ひとつは,妻と「そろそろ家を買おうか」という話が出てきたことです.私と妻は,お互いの実家が車で15分くらいのご近所ということもあり,その付近に住みたいという願望があります.

 

もうひとつは,私自身の仕事において,働き方を真剣に考えているということです.世の中では,「女性活躍」「ダイバーシティ」「働き方改革」などの言葉をよく聞くようになってきましたが,それに関連して私の会社でも「働き方改革」を推進する動きが出てきています.

 

私の場合,実家の近くに引っ越すということは,同時に通勤時間が2時間になるということを意味します.それはとても現実的ではないという人もいますが,私自身はできなくはないと思っています.もちろんそれには,転職という選択も含めて自分自身の「働き方改革」が必要で,とにかく無駄を減らしたスマートな仕事の仕方が必要になると思っています.

サンプル画像

働き方改革に必要なこと

日本人はとにかくよく働くと,世界中から注目されていますね.勤勉であることは良いことかもしれませんが,外国の人から見たら「働きすぎ」の状態です.つまり残業しすぎということです.近年はこのことが非常に問題視されているのはあなたもご存知のことでしょう.

 

残業を減らしながら,仕事の成果は増やさなければならない.そのために必要なことは,仕事を減らすこと,厳選すること,それに尽きるのかなと思います.ただ,洋服を断捨離しようと思えばゴミ袋に入れてゴミの日に出すかリサイクルショップに持っていくだけで済みますが,仕事の断捨離はそう簡単にはいきませんよね.

 

ですので,自分が仕事を通じて本当にやりたいことは何か,できることは何か,最近,そんなことを一生懸命に考えています.今回はHOUSE VISION 2のお話なので,仕事の話はまたの機会に・・・

サンプル画像

おわりに

私にとって将来の住まい方を考えることは,働き方を考えることでもあり,HOUSE VISION 2の会場をめぐりながら,将来の家のこと,仕事のこと,いろいろなことを考えました.

 

ただ,そんなことは考えず,ただただ斬新な建築物を楽しむという目的だけでも,面白い展示会だと思います.開催期間は2016年8月28日まで.そう,あと1日です!関東圏にお住いの方は日帰りで行けると思いますので,ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか.ゆりかもめの青海駅前です.

最後まで読んでいただきありがとうございました.