マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
ミニマリスト的思考法

規則正しい朝の習慣はミニマルな生活の第一歩

《本記事の概要》私がミニマリスト的な考え方・生き方を意識するようになって変わってきた習慣についてご紹介したいともいます.毎朝決まった時間にカーテンを開けて太陽を見るというだけのことですが,規則正しい習慣を身につけることはミニマルな生活の第一歩と思っています.

 


習慣の変化

今回は,ミニマルな生活を意識するようになって変わってきた習慣について,書いてみたいと思います.

 

私は一般的なサラリーマンですので,朝起きて出勤し,仕事をし,夕方帰ってきてご飯を食べ,風呂に入り,必要ならば家事を済ませて寝る,というサイクルで平日を過ごしています.ミニマルな生活を意識するようになってから変化したコトのひとつは,今までは続かなかったような習慣が続くようになってきたことではないかと感じています.

 

その習慣のうちのひとつなのですが,私は朝起きてまず,カーテンを開けて太陽を見るようになりました.これは何方でもされていることかもしれませんが,意識的にされている方はどれくらいいるでしょうか?私は毎朝6時に起床するので,冬の時期はまだ日の出前ですが,天気の良い日は美しい朝焼けを見ることができます.下の写真は我が家(マンションの4階)から撮影した12月の朝焼けです.

夏は既に太陽が昇っていますので,眩しいくらいの太陽の光に顔を向けることになります.いままでは,カーテンを開けて「今日は天気悪いな〜」とか,「今日は寒そう(暑そう)やな〜」とか,寝ぼけながらそんなことを考えていたと思います.と言うか,二度寝,三度寝したりして時間に追われて外を見なかったり,カーテンを開けずに朝ごはんを食べていたり,日によってまちまちでした.

 

最近は,毎日同じ時間に起きてカーテンを開け,朝日を眺めながら,「今日もギラギラしてるね〜」とか,「綺麗なオレンジ色に染めてるね〜」とか,太陽と会話しているような気分です.毎朝,同じ時間,同じ場所から太陽を眺めることで,朝焼けの色が少しずつ変化することを感じたり,自分の脳みそをシャッキリと起こすこともでき,とても良い習慣ではないかと思っています.

 

なにより,規則正しく生活することは心を落ち着かせる効果があるように感じます.最近話題となったラグビー日本代表の五郎丸選手がキックの前にルーティン動作をおこなって集中力を高めるのと同じことかと思います.日常生活の様々なことをルーティン化していくことで,心穏やかに,余計な考え事を排除したミニマルな生活を送れそうな気がしませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました.