マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の働き方

パラレルキャリア時代に向けての備え【サラリーマンの場合】

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。こんにちは!

 

さて、今回は「副業」「パラレルキャリア」といったテーマです。最近、厚生労働省が示しているモデル就業規則の見直しがおこなわれ、「原則、副業禁止」から「原則、副業OK」へと変更されることが新聞等で報道されていますね。いいことだと思います。

 

 

そんな中でも、未だに多くの企業では副業・兼業を禁止している事実があります。これからどんどん変わっていくとは思いますが、企業側としては、今まで禁止していたことを解禁して、なんかデメリットはないだろうか?と心配になり躊躇してしまう気持ちもわかります。

 

やっぱりサラリーマンは肩身がせまい・・・と嘆いているそこのサラリーマン!そんなこと言っている場合ではありません。世の中はどんどんと変化しています。嘆いたり、文句を言ったりしている間に、いつの間にか時代に取り残されていた・・・なんてことはシャレになりません。マジで。

 

もちろんトヨタ自動車で働く社員が日産自動車でアルバイトする、みたいなスパイや情報漏洩にもなりかねない副業・兼業はダメですが、それはともかくとして、企業は副業・兼業のもたらす効果をもっと真剣に考えるべき時が来ていると感じます。そんなわけで今回は、私なりの「パラレルキャリア時代に向けての備え」を、書いてみたいと思います。

 

パラレルキャリア時代の備え

以下、最近私が実践しているパラレルキャリア時代への備えをご紹介します。まだまだこれからといった感じですが、毎日自宅と会社を往復しているだけよりかは、余程いい経験を出来ていると感じていますし、自分の成長を感じられますよ。

 

私と同じように、副業禁止をうたう会社に勤めているけど、これからのことを考えてパラレルキャリアを意識して働きたい、という方の何かの参考になれば幸いです。

 

 

社外の知り合いや人脈を増やす

たくさん残業をしている日本のサラリーマンの多くは、ほとんどの場合、自宅と会社の往復で1日が終わるのではないでしょうか。1日を通して会社の人とお客さん以外に、どれだけの人と会うでしょうか?

 

そんな私も、他の記事で書いたように長距離通勤をしている都合もあり、基本的に平日に社外の人と会うことはほとんどありません。でも、人脈を広げる活動は少しずつですがやっています。

 

そもそも、片道2時間の長距離通勤を選択したひとつの理由に、「サラリーマンは17時で終わり!」という意識を徹底したいと思ったこともあります。家に帰るのに2時間かかると思うと、残業なんてやってられません!この追い込まれた感じが、私の仕事の生産性を確実に上げていると感じます。なお、長距離通勤を選択した理由は他にもありますが、それは現在、別ブログにて書いておりますのでよろしければご覧くださいませ↓

 

 

では、サラリーマンを17時に終了して何をやるか?ですが、時間ができればそれだけ情報を集めたり、SNSやブログでアウトプットしたりする時間が増えます。そんなことを通じて、新しい人とのつながりを増やせるイベントを探したりしています。

 

今年に入って参加したイベントは、例えば読書会、オンラインサロン、ビブリオバトル、異業種交流会などですね。今まで自宅と会社の往復しかしてなかった私にとっては、こんなにイベントに参加したことは今までありませんでした。

 

参加してみると、人とのつながりがまた人とのつながりを生み、新たな出会いがきっかけで、自宅と会社を往復しているだけでは得られなかった情報や経験が得られるようになります。そんなことは既に日常的にやってる、という人からしたら何ら特別なことではないかもしれませんが。そういう方は、温かい目で「あぁコイツも頑張ってんな。」と見ていただけると幸いです。

 

初めての場所に出向くことは、ほんの少しだけ勇気のいることかもしれません。でも、ほんの少しです。自分から行けない人は、会社の出張として行けるなら、出張してみるのもいいかもしれません。仕事なら仕方ない・・・と思えるのではないでしょうか。

 

私も雑談とかすごく苦手なので、初めましての人たちの場に出かけて何を話そうか・・・と最初は思いましたが、心配するだけ損でした。こういった人の集まる場に出てくる人はたいてい話好きの人、話が上手な人が多いです。(あくまで個人的な印象ですが。)

 

私も、参加した場でたくさんの方からお声をかけていただき、安心してその場を楽しむことができました。まぁ基本的におもてなし精神、気づかいの精神が根付いている国です。余程のことがない限りは、あなたが心配しているような居辛い雰囲気はないでしょう。

 

人とのつながりから広がる活動

さて、そんな感じで人とのつながりが増えてくると、自然に自分の活動の幅も広がってきたりするものです。私の場合、このブログでもご紹介している「チームのよさがみえる会議」のセミナー講師をやってほしいとお声かけをいただく機会があり、普通のサラリーマンがセミナー講師デビューを果たしました。

 

私の会社も世の中の会社と同じように、未だ「原則、副業禁止」としている会社です。そんな会社の社員がセミナーを開催し、しかもブログでそれを公表して大丈夫か?と思われるかもしれません。たぶん、私のことをよく知る同僚はこのブログを見ているかもしれませんし、会社に知られてしまうかもしれません。

 

でも私は、個人的にセミナーをやってほしいとお誘いをいただき、皆さんの前でお話をさせていただいただけなんですね。お金はいただいていません。無料セミナーというヤツです。それだったら、飲み屋で友達の前で自論を延々話しているのとなんら変わりません。(というのは少し極端な表現ですが)

 

どんな個人の活動も、法律や倫理に反しない限り、本来は会社に制限されるものではありません。だから、堂々とやればいいのだと思っています。そういえば最近、NewsPicksの働き方改革、大人の学び直しに関連する記事の中で、花まる学習会代表の高濱氏がこんなことを言われていました。

 

長く働くために必要な大人の学びとは、「体験の総量を上げる」ことだ。
NewsPicks記事より

 

また、東大の中原准教授は、

 

現代は「経験獲得競争」の時代だ。
NewsPicksより

 

と言われています。彼らが言うように、どれだけ社会で使える経験を積んでいるか、これはこの先長く働くためには、やはり必要なことと感じます。会社でその経験が得られないのなら、外へ求めていくしか道はありません。

 



稼ぐ準備をしよう

この記事のタイトルは、「パラレルキャリア時代に向けての備え」でした。私がこの記事で言いたいことは、「副業の時代だから副業を見つけて稼ぎましょう!」ではなく、「副業の時代に備えて自分のやりたいことを小さく始めてみましょう!」ということです。

 

2017年もあと1ヶ月でおしまい…というこの時期に、もしかしたらあなたの会社で、「来年から副業OKにします。その代わり、今まで以上に残業時間は減らしてください。」なんて言われたら、どうします?

 

日本人は残業代も加味して生計を立てている人が多いと聞きますが、長時間労働抑制や副業解禁の波に乗って、会社はそんなことを言いだすかもしれません。そしてこう言います。「お金が足りないなら、副業してください。」と。

 

「えぇ!そんな急に言われても…」ってなりますよね。そりゃ準備してなかったら、そうなりますよね。でも、例えば私みたいに、お金はいただいてはいないけど、セミナー講師はやったことある、という経験値があれば、そこで得た経験や人脈を生かして今度は有料のセミナーを開催できるかもしれません。(もちろん、そんな簡単なもんではないことは百も承知ですが。)

 

別にセミナー講師である必要はありません。あなたの好きなことならなんでもいいでしょう。私が最近思うのは、副業禁止の会社で働くサラリーマンは、副業で稼げる一歩手前まで、なんなら本業とその副業を入れ替えられるくらいまで準備しておこう、ということです。

 

私の場合だったら、例えばですが、無料セミナーをたくさん開催し、ノウハウを蓄積したり人脈を作っておく。会社が副業OKと言い出したら、すぐに有料セミナーも開催できる。そんな風にして、会社では得られないスキルを身につけていきたいなぁと思っています。

 

生活の安定や向上のために副業による収入を得るということもありますが、副業活動が本業に活かせるというメリットも大きいです。例えばセミナー講師として人前で話すスキルやノウハウが蓄積されれば、本業で社内外に向けた事業提案プレゼンなんかでも活かせそうです。

 

本業と副業、いろんな業態の組み合わせが考えられますが、副業は基本的に自分の好きなこと、やりたいことを進めていけば、自分の得意な部分をさらに伸ばすことにつながりますね。そうすると、本業で苦手な部分があっても、それを副業活動で得た得意なことでカバーできるかもしれません。理想論かもしれませんが、でも現実化できそうな気もします。

 

 

おわりに

今回は副業についての私なりの考えをお話しさせていただきました。副業時代と言うけれど、何からやっていいかわからない・・・そんなあなたは、とりあえず自分の興味のあるセミナー、イベント、お祭・・・なんか人の集まる場所に行ってみましょう!

 

同じことに興味を持っている人と話をしていて、「あ、こんなことできるかも」と思ったら、とりあえずやってみましょう!別にそれで稼げなくて失敗してもいいのです。そもそも、副業禁止の会社にお勤めだとしたら、いきなり成功しちゃったら逆に困りますね(笑)

 

私は「人に伝える」ということに興味を持って、セミナー講師をやってみました。ちなみに内容は、「チームの生産性を上げるために必要な心理的安全性を高める!チームのよさがみえる会議」です。

 

 

会社、学校、地域活動、家族・・・いろんなチームがあると思いますし、あなたもなんらかのチームの一員だと思います。そんなチームで、お互い何でも言い合える”心理的安全性の高い雰囲気”をつくるお手伝いができます。

 

私にご連絡いただければ、いまなら無料でセミナー開催します。副業禁止なので。いつ有料になるか(=いつ会社が副業解禁というか)は分かりませんので、ちょっと話を聞いてみたい!という方は、ぜひメッセージをお送りくださいね。(注:場所によっては開催できないこともありますが、ご相談ください。)

 

最高まで読んでいただき、ありがとうございました。

「チームのよさがみえる会議」で組織の生産性や風通しを良くしよう!今日は「チームのよさがみえる会議(以下、よさ会議)」なるものをご紹介したいと思います。どんな会議なのか?一言で言うと、チームのメンバーが...