マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
厳選したモノ

私はブラックです

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。こんにちは!

 

さて、私の何がブラックか・・・

はい。コーヒーのお話です。ブラックが好きです。今日は私の大好きなコーヒーのお話です。勿体ぶってしまいましたが、コーヒーが嫌いな方にとってはとってもつまらない話だと思いますので、これ以降は読まないことをお勧めします。

 

コーヒーがお好きな方、もしかしたら何か参考になる情報があるかもしれませんが、基本的には、私はただただコーヒーが好きだ!というお話です。それでもお付き合いいただける方はどうぞ読み進めてみてください(^^;

 

コーヒーの好みの話

コーヒーが好きな方は、豆を選んで、自分で挽いて、ドリップで淹れて飲まれる方が多いのではないでしょうか。あるいはフレンチプレスで淹れて豆の味そのものをより楽しむという人もいるかもしれません。道具にこだわりのある人はサイフォン式で淹れたりとか?

 

1杯のコーヒーを飲むだけでも、いろんな楽しみ方がありますね。私の場合、平日の朝はあまり時間がないので、全自動のミル付きコーヒーメーカーを使っています。毎朝挽きたてのコーヒーを分単位で指定した時間に淹れてくれる優れモノです。

 



 

いろんな種類の豆を買ってみて飲み比べてみるとわかるのですが、豆によってコーヒーの味はホントにいろいろです!酸味が強いものから、苦味が強いものまでいろいろあり、好みの分かれるところだと思います。私の好みはというと、酸味が少なく、苦味のやや強い、コクのあるコーヒーが好きです。それか、酸味は弱めのあっさり系。このどちらかです。

 

以前にも私が通っている「コモン」という名古屋市内にあるコーヒー豆屋さんをご紹介しましたが、相変わらず1ヶ月に1回くらいは通っています。とても気さくな店主とスタッフの皆さんとお喋りするのも楽しいお店です。

受け継がれるコトバ《本記事の概要》名古屋市東部にある珈琲豆屋のコモンさんに度々お邪魔しています.焙煎したての美味しい珈琲豆を提供している素敵なお店です.お...

そしてこちらのお店、なんと今どき、インターネットでの販売はされておりません!ブログでご紹介するにはあまり向いていないお店かもしれませんね。でも、店主は「やっぱり顔の見えるお客さんに商品を届けたい。」という想いがあるそうです。そういう強い想いがあるって、ビジネスをやるには大切だなって思ったり。悪く言えば、ただの頑固ジジイかもしれませんけどね。でも、私は好きです。

 

そんなコモンで冬季限定で発売されるのがバターフレイバーコーヒーです。その名の通り、ほんのりバターフレイバーで、けっこう深煎りで苦味強めのコーヒーです。冬になると、なんだか苦味の強いコーヒーが飲みたくなるのは何なんでしょうかね。体が欲しているようです。

そんなバターフレイバーという銘柄を含め、現在我が家には2種類の豆があります。もうひとつはコモンブレンド(残り少ない!)。いつも苦味強めのコーヒー豆と、どちらかというとあっさり系の豆を2種類買って帰ります。あっさり系の定番はブラジル完熟豆ですが、たまにブレンドも買ったりします。苦味強めの豆はインドネシア マンデリン・トバコやバターフレイバーといった銘柄を買っています。

コーヒードリップを楽しむ

コーヒーの淹れ方についてもちょっとだけお話したいと思います。これがまた奥深いなと思うのですが、なかなか安定して美味しいコーヒーを淹れるのは難しいです。先述の通り、平日は全自動のコーヒーメーカーを使っていますので、豆の種類・量・挽きの荒さを変えなければ、一定の味でドリップすることができます。さすがはマシンです。

 

休日はドリッパーを使ってハンドドリップをしています。上の写真にはカリタのドリッパーが写っていますが、現在主に使っているのはハリオのV60という円錐型ドリッパーです。

 



コーヒーをハンドドリップで淹れた経験のある方なら分かると思いますが、とにかく一定の味にするのって難しい!と感じています。豆の種類、量、鮮度、挽きの荒さ、お湯の温度、蒸らし時間、ドリップの速度、湯の注ぎ方・・・などなど、味を左右するパラメーターがいっぱいあります!

 

自分好みの味になるように淹れる条件を毎度微調整していきますが、ちょっと気を抜くと「あれ?何か違う・・・」となります。まだまだ修行が足りないな〜と思います。

 

おわりに

ということで、今回はただただコーヒーが好きだ!というお話でした。名古屋にお住いの方、コーヒー豆屋のコモンで美味しいコーヒーを買ってみてはいかがでしょうか?お店に行けば、試飲もさせてもらえますよ!

 

珈琲豆ストア コモン
公式ページはこちら

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。