マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の働き方

仕事のモチベーションを維持する・上げるために考えるべきこと

仕事のモチベーションアップ方法を日々考えているヨシヒロです。こんにちは。

 

さて、今日はストレートにこんな問いから入ってみたいと思います。

 

「仕事、楽しいですか?」

さて、あなたは「仕事、楽しいですか?」と聞かれて、「楽しい!」と胸を躍らせながら即答できるでしょうか?残念ながら、正直私はできません。この質問を私に聞かれたら、「他に、もっと楽しいことがあるかなぁ・・・」というようなはっきりしない回答になりそうです。

 

働き方改革の先進企業であるサイボウズの代表取締役社長 青野慶久氏の著書「会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。」を読んでいたら、仕事のモチベーションを維持する、あるいは上げることに繋がりそうな考え方が書かれていたので紹介します。言われれば確かに、と思うことですが、実践できている人はそんなに多くはない気がします。

 



モチベーションを上げる3つの円の重なり


 

青野社長がおすすめするモチベーションアップ法は、3つの円の重なるところを見つけるということです。3つの円が何かはこのあと書きますが、会社とはそもそも、創業者や社長の「これを実現したい!」というビジョンに対して「私もやりたい!」と賛同するからチームになって活動をするものです。

 

rawpixel / Pixabay

 

だから、創業者や社長の想いに自分の想いを重ねられるかどうかがとっても大事なんだということです。目先の利益よりも、企業の持つビジョンが大事ってことですね。

 

つまり3つの円とは、社長や社員も含めお互いが重ね合わせたい想いなんですね。青野社長は以下の3つの円(想い)を重ねることで、モチベーションを上げることに繋がると言います。

 

やれること

これはそのまま、自分がやれること、実行可能なことですね。人は実行不可能だと分かっているのにそれをやらされると苦痛に感じるものです。単純な話、苦手な仕事や作業を頼まれた、モチベーションは下がりますよね。

 

自分の持っているスキルもこれに当たりますね。この部分では自分は貢献できる。そういう想いを持って仕事に取り組めたら、モチベーションも上がりそうです。

 

やるべきこと

次にやるべきこと。これは自分たちの会社がやるべきこと、やるべきと期待されていること、ですね。期待に応えることができれば世の中からも評価されますし、この円に焦点を当てることも大切です。

 

会社活動の最終的な出口は、言うまでもなく社会に貢献することです。今期の利益を上げるために・・・という視点に陥りがちですが、これを忘れないようにしたいですね。

 

やりたいこと

そして最後がやりたいこと。これが一番大事だけど、抜けている人が一番多いところでもあると思います。私も他人のことを言える立場ではなく、「あなたのやりたいことは?」という問いにストレートに答えられる何かを、まだ持っていません。

 

たぶん、世の中の多くの人と同じように、就活の時期に差し掛かったので“なんとなく良さそうな会社”を選び、“なんとなく面白そうな仕事”だと感じて今の会社に入社を決めました。これを成し遂げてやろう!という野望みたいなものがあったわけでもなく、どうしても今の職種に就きたかったわけでもない。

 

私が勤める会社は1,000人近くの社員がいるので世間的には大企業と呼ばれる会社です。きっと、大企業に勤めるほとんどの人は、そんなもんだと思っています。もちろん志高い人もいますが、そんな人も数年経てば「僕たちはサラリーマンだからね」なんて言って、意思に反する仕事や取り組みも渋々、淡々とこなすようになるんですよね。悲しいことです。

 

この「やりたいこと」をはっきりさせるところが、最も難しく、また最も大事なことのように思います。

 

あなたが会社員だとしたら、やれること、やるべきことはだいたい決まっているのではないでしょうか?それならば、あとはそこに自分のやりたいことを重ねていけるか。これを考えるのがモチベーションを上げるためのポイントだと思います。

 

おわりに

働き方改革が叫ばれている今、まずやらなきゃいけないのは、残業時間を減らすことではなく、在宅勤務制度を作ることでもありません。「僕たちはサラリーマンだからね」なんて口にしてしまう自分たちのマインドを変えることです。

 

考え方を変えることは簡単なことではありませんが、これからの時代には避けて通れない道だと思っています。私は、やれること、やるべきこと、やりたいことのうち、3つ目のやりたいことに主眼を置いて、自分の仕事のやり方を変えていきます。

 

既得権益だらけの大企業では難しい取り組みだと感じますが、動かないで社畜になるくらいなら、行動を起こしてクビになる方がマシだと思います。ま、「これがやりたい!」と主張したところでクビになることはないけどね。だから主張すればいい。最近はそんな風に思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。