マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
旅行

SA新名所⁈延長した新名神の宝塚北サービスエリアにふらり寄り道

最近出張続きで移動が多めのヨシヒロです。こんにちは。

 

今日はSA(サービスエリア)の新名所となるか⁈2018年3月に神戸JCT〜高槻JCTの間が全線開通となり、延長された新名神高速道路上にオープンした宝塚北SAの情報をお届けします。

 

名古屋から兵庫県への出張の帰り道、ちょうどお昼時だったこともありふらりと立ち寄ったのですが・・・なんかこのSA今までと違うかも⁈と感じたのでレポートしてみます。

 

上下線どちらからもアクセスできるSAになっていますので、高速道路で兵庫県の宝塚周辺を通過する予定のある方は一度のぞいてみてほしいSAです。

 

新名神高速の延長について

それではまず初めに、高速道路情報をお伝えします。

 

コロン
コロン
どこかで聞いたことあるセリフ・・・
ヨシヒロ
ヨシヒロ
混雑情報はお伝えしないよ!

新名神高速道路とはその名の通り、名古屋と神戸、東海地区と関西地区を結ぶ新しい高速道路です。

 

NEXCO西日本HPより

 

この新名神高速道路が2018年3月に延長されました。以下、NEXCO西日本のプレスリリースより・・・

 

NEXCO西日本(大阪市北区 代表取締役社長:石塚 由成)が建設を進めてまいりましたE1A新名神高速道路 川西(かわにし)インターチェンジ(IC)~神戸(こうべ)ジャンクション(JCT)までの間(延長16.9km)が、平成30年3月18日(日曜)に開通します。これにより高槻(たかつき)JCT・IC~神戸JCTが全線開通します。

あわせて宝塚市と建設を進めてまいりました「宝塚北(たからづかきた)スマートインターチェンジ(IC)」も完成します。

NEXCO西日本プレスリリースより引用)

 

ということで、今まで名古屋方面から岡山方面へ抜けていくには中国自動車道を経由する必要があったのですが、この新しい新名神を通って山陽自動車道へ入れるようになりました。ありがたいですね。

 

宝塚北SA基本情報

そんな新名神高速道路上にできた新しい宝塚北SAですが、まずは基本情報を掲載しておきます。こちらもNEXCO西日本さんのHPにてより詳細な情報を知ることができますよ。

宝塚北SAの基本情報・詳細情報はNEXCO西日本のホームページで!

 
宝塚北SA基本情報(抜粋)

駐車場 大型:79、小型:82、兼用:27、二輪:4、トレーラー:3、身障者用大型:1、身障者用小型:6(上下線とも同台数)
トイレ 男性大:30、男性小:28、女性:86、身障者用:4
お食事処 フードコート、ベーカリー、カフェ(タリーズコーヒー)、スイーツ(ヨーグルトジェラート専門店)、その他路面店など。
お土産 広々したショッピングコーナーと宝くじ売り場あり。
営業時間 フードコートは店舗により異なります。概ね10時〜22時。一部24時間営業の店舗もあり。お土産は9時〜21時。詳しくはNEXCO中日本のHPでご確認下さい。

 

宝塚北SAの見所

それでは2018年3月に新たに誕生した宝塚北SAの見所をお伝えします!

 

トイレが綺麗

SAに立ち寄る目的のひとつはトイレ休憩ですよね。トイレはSA・PAの重要な機能のひとつです。

 

最近の新しいSA・PAには共通して言えることですが、トイレがめちゃめちゃ綺麗です!その中でもこの宝塚北SAはトイレにこだわっているようです。

 

トイレを見るためだけに、宝塚北SAに立ち寄る価値があります。
女性用トイレには、シャンデリアをあしらった優雅な空間には、パウダールームや、ドレッシングルームもあり、ゆったりとおくつろぎいただけます。
NEXCO西日本HPより)

 

なんと、ホームページにこんな記載が・・・!トイレを見るためだけに、宝塚北SAに立ち寄る価値があります」とのこと。すごい自信の現れですね。

 

さすがにトイレ内の写真を撮ることは遠慮したので伝わりにくいかもしれませんが、全体は落ち着いた木目調で、広々と作られているなと感じました。女性用はもっと豪華らしい・・・

 

私が「トイレ内で写真を撮るのはちょっとな〜」と内心遠慮していたところ、すぐ隣で、トイレ内をバシャバシャと写真に収めているおじさんがいました(笑)。トイレの中を撮影している人を見たのは初めてですが、やはりそれだけ「見る価値あり」なトイレということなのでしょう。

 

店内が広々&おしゃれ

よくあるSA・PAと違うな〜と感じたのは、通路が非常に広々と確保されていることです。多くのSA・PAは(たぶん)売り場面積確保のため通路は最小限で設計されているのではないかと思います。なので、混雑時には通路が人でごった返しているという光景をよく見かけますね。

 

一方、宝塚北SAは店舗前の通りがめちゃめちゃ幅広く設計されています!写真がなく申し訳ないのですが・・・

 
宝塚北SAお土産店の様子

お土産物も充実しています。宝塚という土地柄から、手塚治虫の鉄腕アトムグッズや、ベルサイユのばらのお土産などが並んでいたりもしました。

コロン
コロン
なぜ手塚治虫とベルばらなの?
ヨシヒロ
ヨシヒロ
手塚治虫は若い頃宝塚に住んでたんだよ!
ヨシヒロ
ヨシヒロ
ベルばらは宝塚歌劇の演目にあるからね!

 
宝塚北SAの展示品「タカラジェンヌ着用衣装」

そして目をひくのがこんな展示品です。こちらは宝塚歌劇団のタカラジェンヌが実際に着用したドレスだそうです。

 

そんな感じで、広々ゆったりスペースで、お土産物を選んだり、展示品を眺めたり、十分に羽を伸ばせるSAかと思います。

 

インスタ映えするフードコート

NEXCO西日本HPより

 

SA・PAに立ち寄るもうひとつの大きな目的がお食事ですね。フードコートでは、うどん、そば、ラーメン、海鮮丼、オムライス、定食・・・などなど、たくさんのメニューから選ぶことができます。

 

SA・PAのフードコートと言えば、混雑時は席とり合戦が繰り広げられるのが常ですが、この宝塚北SAでは、フードコート入り口で係のお姉さんが順番に席を案内してくれる方式でした。

 

10人くらい並んでいるところへ並び、待つこと5分ほど。SAのフードコートは回転も早いので、それほど待つことなく席を案内してもらうことができました(平日昼間の話)。

 

天井にはシャンデリアがついていたりして、ちょっと高級志向なフードコート」といったイメージですね。

 

「インスタ映えしそう」と言いながら、上司と一緒に食事をしていたので食事の写真はありません・・・なんとなく気を使って撮っていません(笑)。

 

そんな上司は、キラキラ輝く金色の器に穴子やエビの天ぷらがドンっ!と乗った、誰よりもインスタ映えしそうなカレーそばとやらを頼んでおられました。

 

見てるぶんには、美味しそうでした。インスタグラマーの皆様、ぜひお試しください。

 

おわりに

ということで今回は、ふらりと立ち寄ったら意外と楽しかった新名神高速道路の新しいサービスエリア「宝塚北SA」についてご紹介しました。

 

最近はSA・PAに行くことがひとつの目的になったりするくらい、楽しめるSA・PAが増えてきていますね。関西方面へお越しの方は、ぜひ宝塚北SAも楽しんでみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!