マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
厳選したモノ

防水性に優れるティンバーランド(Timberland)のブーツ

よく人から「物持ちがいいね」って言われるヨシヒロです。こんにちは。

 

今回は私が10年以上前から愛用しているティンバーランド(Timberland)のブーツをご紹介します。断捨離の際に靴もたくさん手放しましたが、ティンバーランドのブーツは残しました。防水性に優れ丈夫で長持ち、シンプルで飽きないデザイン。

 

この記事では、ティンバーランドの魅力をたっぷりとお伝えできればと思います。

ティンバーランドとは

ティンバーランドのブーツ
 

ティンバーランドはアメリカのカジュアルブランドです。ウェア類も充実していますが、ティンバーランドの代名詞とも言えるのは、やはりブーツではないかと思います。

 

始まりは1973年。「ティンバーランド」と名付けられたブーツがきっかけでした。実際には、ティンバーランドの歴史は、創業者のネイサン・シュワーツがサウスボストンにあったアビントン・シュー・カンパニーを手に入れた1952年に始まります。数年後、2人の息子、シドニーとハーマンが加わり、拠点がニューハンブシャー州、ニューマーケットに移ります。そして1973年。シドニーが独自技術による世界初の完全防水レザーブーツを発表。プレミアム フルグレイン ヌバックレザー、厚みのあるラバーラグソール、かつてない高いレベルのクラフトマンシップが一体化することで、『イエローブーツ』は瞬く間にブーツの定番となります。シドニーはこのブーツに『ティンバーランド』という名をつけました。
出典:www.timberland.co.jp

 

防水性に優れる『イエローブーツ』は、ティンバーランドの代名詞とも言える代表的なブーツです。私がいま履いているのはイエローブーツではありませんが、実はイエローブーツも持っていました。

 



 

防水性に優れたイエローブーツ

私は20代前半の頃、冬のこの時期になると毎週のように雪山へ通うスキーバカでした。そして、洗車も含め車いじりの好きなクルマバカでもありました。雪山や洗車など足元が水に濡れる機会も多かったのですが、そんなときはいつもティンバーランドのイエローブーツを履いていました。いまはスキーに行ったり洗車をする機会がかなり減りましたので、昨年の断捨離(関連記事)の際に手放しました。

 

主に雪山や雨の日、洗車するときなどに活躍したイエローブーツでしたので、表面的な痛みは相当激しかったです。しかし、7〜8年は履いたと思いますが、特に手入れをしなくとも防水機能に不満を感じたことはありませんでした。ティンバーランドの防水機能へのこだわりは、イエローブーツ紹介映像からも見てとれます。水にジャブジャブ浸ける厳しい耐久試験の様子が伺えます。

 


How it’s made: Timberland’s original yellow boot. (www.timberland.co.jp)

 

コロン
コロン
厳しい試験をやるんだなぁ
ヨシヒロ
ヨシヒロ
だからこそ、いい品質のモノができるんだね!

 

イエローブーツからカラフルブーツへ



 

余談になりますが、まさに黄色い『イエローブーツ』から始まったティンバーランドのブーツも、いまではカラーバリエーションも豊富にラインナップされていますね。選択肢が増えることは良いことだと思います。

 

選択肢が増えると決められなくなるという人がよくいますが、モノ選びの基準をしっかりと持っていれば、きっと迷うことはなくなると思います。防水機能という基準にこだわれば、ティンバーランドのイエローブーツは間違いない選択肢です。

 

私のティンバーランド

Timberland boots
 

本記事冒頭の写真と上の写真は、私が愛用しているティンバーランドです。学生時代に購入したモノですので、かれこれ13、4年履いています。夏場は使用頻度が少なくなりますが、ほとんど1年を通して履いています。

 

ご覧の通り、つま先部分は色が薄れ、甲の部分は黒ずみ、継ぎ目部分の革はヨレヨレになっています。中敷と靴紐は2、3回ずつ交換しています。ただし、縫製はかなりしっかりしていて、革の合わせ部分がほつれてきたり、靴底が剥がれてきたりは全くしていません。

 

2018.5.17追記:愛用して14年ほどで、ついに片方の靴底が剥がれてしまいました。接着剤が剥がれたとのことで、リペアショップで貼り直してもらいました。

コロン
コロン
いずれにせよ、物持ちいいな。
ヨシヒロ
ヨシヒロ
よく言われます(汗)

人によってはただのボロ靴に見えるかもしれませんが、個人的には“とても味のある靴”だと思っていて、とても気に入っています。

 

以前この靴を履いて服屋さんを訪れたとき、店員さんに「良い味のブーツですね」と言われたときは嬉しかったな。たとえ店員さんの営業トーク(?)だったとしても、お気に入りのモノを褒められる、分かってもらえるというのは嬉しいものです。

 

ティンバーランドのオンランショップを見ていると、フットウェアにはブーツ以外にシューズ、パフォーマンスなどのジャンルがあるようです。私のティンバーランドは10年以上前に購入したモノなので、もはやどのジャンルの製品なのか全く覚えておらず、現在のラインナップに同じものは無かったので、廃番かモデルチェンジしたのかもしれません。(形状は、フィッチバーグ ウォータープルーフ チャッカという製品に似ています。)

 

それなら一層、この一足を大切に、長く、履きたいと思います。

 

おわりに

これまでにACOUSTICのTシャツやGREGORYのカバンなど、いくつかのお気に入りのモノを紹介させていただいていますが、これらは今回ご紹介したティンバーランドも含めて、いずれも10年以上現役で使っているモノです。

絶対に首の伸びない丈夫なTシャツ!10年以上の愛用者が選ぶブランドTシャツの首や裾がすぐにヨレヨレになってしまう。絶対伸びない丈夫なTシャツはないだろうか?そんなあなたに自信を持ってオススメする、Made in JAPANのTシャツがあります。アコースティックの絶対首の伸びないTシャツ!...
【グレゴリー】愛用歴18年がレビュー!グレゴリーバッグの使い方バッグは18年間グレゴリーひと筋のヨシヒロです。こんにちは! 僕は他人からよく、 って言われますが、そんな僕がたぶん一番長く使っ...

私の中で、「丈夫で長持ち」「シンプルで飽きない」というのが、モノ選びの重要な基準になっています。長く使えば使うほど徐々に機能は低下し、見た目も決して美しくなっていくわけではないですが、愛着は湧いてきます。

 

愛着のあるモノほど大切に扱うようになりますし、それが存在しているだけでも良い気持ちになります。自分にとって必要なモノ・そうでないモノを取捨選択し、身の回りに在るモノすべてが“愛着のある一品”と言えるように、モノと向き合っていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。