マルチ・ポテンシャライト
らしく、生きる。
30代の自己啓発

心に刺さる!ジョージ・カーリンの名言に学ぶ「伝え方」

ヨシヒロです。こんにちは。

 

最近読んだ佐々木圭一著「伝え方が9割」という本の中で紹介されていた言葉を紹介したいと思います。

なんかおかしい、矛盾している、間違っている・・・日々生きていく中で想うことは沢山ありますよね。そんなモヤモヤした想いをフッと吹き消してくれる言葉です。

 

ギャップを利用した強いコトバ

伝え方が9割」は、人に何かをお願いしたり、感動を与えるような伝え方には技術がある、という話で、著者の経験から導き出された「伝え方の法則」が紹介されています。

その中の一節で、ギャップを利用して強い言葉を作るという方法が紹介されていました。例えば・・・

 

事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!
by 踊る大捜査線 青島俊作
出典:伝え方が9割

 

つまり、伝えたいコトは「事件は現場で起きてる」ということですから、単に「事件は現場で起きてるんだ!」と言っても良いところを、そのことを強調するために「現場」とは真逆の「会議室」という言葉を用いて(つまりギャップを用いて)より強い言葉を作っています。

本書にはこのような言葉の例が沢山紹介されていて、あぁなるほど、と思うものばかりでした。このようなギャップを利用した言葉の中で、著者が最も心を揺さぶられたと言われる言葉が、ボブ・ムーアヘッド牧師の説教をジョージ・カーリンというアメリカのコメディアンが引用し、友人へ贈った言葉です。

 




 

この時代に生きる 私たちの矛盾

 

この時代に生きる 私たちの矛盾

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金を使ってはいるが 得る物は少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている
家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利になったが 時間は前よりもない
たくさんの学位を持っても センスはなく
知識は増えたが 決断することは少ない
専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている
読むことは稀で テレビは長く見るが
祈ることはとても稀である
持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない
世界は支配したが 内世界はどうなのか
前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない
急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
計画は増えたが 成し遂げられていない
たくさん書いているが 学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず
レジャーは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても栄養は少ない
夫婦でかせいでも 離婚も増え
家は良くなったが 家庭は壊れている

忘れないでほしい
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ
忘れないでほしい
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない
忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう
忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し 話し あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

ボブ・ムーアヘッド 原作
佐々木圭一 訳

 

 

本当に大切なコトを考え、そして行動する

ジョージ・カーリンは最愛の妻を亡くしたとき、この言葉を友人に贈ったそうです。彼の言葉にあるように、世の中の発展に伴って大切なものが失われているのが現実世界だと思います。

そして、頭の片隅でそのことを理解しつつも、「時代の流れ」とか「生まれ育った環境」とか、何かのせいにして問題を直視しないようにしている人が大半ではないかと思います。自分もそんな「時代の流れ」に流されている一人だと感じます。

私が尊敬するホセ・ムヒカ氏は、「世界は変えられないかもしれないが、自分自身は変えられる」と言われました。

ホセ・ムヒカ氏の言葉|来日して語った2つのメッセージウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ氏を尊敬してやまない、ヨシヒロです。こんにちは。 日本人で知らない人はもういない?ホセ・ムヒ...

時代や環境のせいにしないで自分を変えるということは、もしかすると一生かかることかもしれませんが、人生の中で成し遂げたいことのひとつだと思っています。

ムヒカ氏の言葉を借りると、「人間は幸せになるために地球にやってきた」わけですから、自分にとって本当の幸せは何か?それを常に考え、行動に移せる人間に、なりたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。