働き方

ホールドアップ問題の具体例|職場でも起こり得る「困った問題」

ミニマリスト思考で日々の生活を改善中のヨシヒロです。こんにちは!

 

突然ですが、あなたは「ホールドアップ問題」という言葉をご存知でしょうか?投資の世界ではよく使われる言葉みたいですね。でも、日常生活の中でもこのホールドアップ問題に直面する場面はあります。今回はホールドアップ問題とはどんな問題か、日常生活での例え話や、職場での事例を考えてみたいと思います。

 

カイジに学ぶ「ホールドアップ問題」

ビジネス書作家である木暮太一さんの著書カイジ『勝つべくして勝つ!』働き方の話の中に「ホールドアップ問題」という言葉が出てきます。私はこの本で、この言葉を初めて知りました。

 

ホールドアップ問題とは、交渉の場において、選択肢が無いために相手に従わざるを得ないという問題のことをいうそうです。木暮先生の本はいつもわかりやすい!ちなみにWikipediaでは以下のように説明されています。

 

ホールドアップ問題 ( -もんだい、hold-up problem) とは、いったん行われてしまうと元に戻すのが難しく、しかも交渉の相手の強さを増してしまうような投資に関して発生する問題である。主に不完備契約(内容が不確実であるような契約)において発生する。
Wikipediaより引用)

 

つまりホールドアップ問題とは、契約や約束事が不完全なために交渉の余地がなくなってしまい、どちらに転んでも自分が不利を被るような状況になってしまうことかなと思います。一言でいうと、お手上げ状態というやつかと思います。

 

日常の中のホールドアップ問題

ホールドアップ問題をもう少し分かりやすくするために例え話を作ってみました。

 

視力の低い私が眼鏡を壊してしまい、新しい眼鏡を至急手に入れたいとします。「視力が0.1しかない(=裸眼ではほとんど何も見えない)私の目に合う眼鏡を至急作って下さい!」とだけ眼鏡屋さんに伝えたとしましょう。そしてその眼鏡屋さんは、超高級フレームをチョイスして私の視力に合う眼鏡を提案してくれました。その値段に驚く私・・・
 
その眼鏡屋さんは言います。「あなたは自分の視力に合う眼鏡が至急欲しいとしか言われませんでしたよね?だから、すぐに用意できる超高級素材を使った眼鏡を作ったのですが・・・お値段にご不満があるようでしたら作り直しますが、既に作ったモノのキャンセル料もかかりますし、納期も1週間かかりますがよろしいですか?」と。
 
私は眼鏡がないと生活できません。でも、作ってもらった眼鏡はまさかの高額商品・・・この眼鏡を買えば今月のお給料が吹っ飛んでしまうし、逆にここで買わなければ不自由な生活を余儀なくされる。キャンセル料まで取られてしまう。どちらにしても自分に不利な条件ということです。

 

そんな意地悪な眼鏡屋さんは現実には居ないかもしれませんが、どちらにしても自分に不利な選択肢しかない、つまり選べない状況というのが、ホールドアップと言われる状態なのです。これは、あらかじめ価格についての取り決めをしなかったために起こってしまう問題ですね。

 
カイジ『勝つべくして勝つ!』働き方の話
 

働き方におけるホールドアップ問題

カイジ『勝つべくして勝つ!』働き方の話の中でも著者が言われていますが、これは会社での働き方においても言える話です。

 

「会社人」はホールドアップの危険性あり?!

長く会社勤めをしている「会社人」は、良くも悪くもその会社に馴染んでしまいます。社内では「仕事ができる人」になれているかもしれませんが、もしかすると会社の外に一歩出たら、つまり転職とかしたら、一転、「全然仕事できない奴」になってしまうかもしれません。

 

つまり、いまの会社でしか通用しないような仕事しかできてないということです。よく言えば、会社のために忠実に仕事を遂行していると言えるのかもしれませんが、要するに応用の効かないスキルしか持ち合わせていないということにもなりますよね。

 

これは結構困った話です。この急激な変化の時代、もしかしたらあなたの会社の経営状態が大きく変化するかもしれません。あなたがサラリーマンで、もしリストラを宣告されたら、この先どうしますか?

 

会社を辞めても他の会社でも通用するスキルは持っていない(つまり食っていけない)。会社に残っても大幅に減給するなどいいことはない。まさにホールドアップ、お手上げ状態ですね。

 

本当の意味での「社会人」を目指す必要性

こんな状況に陥らないためには、自分のスキルが他の会社でも使えるように一般化することが大事だと、木暮さんは言われています。これは私も最近思っていたことで、木暮さんの本を読んで「そうだよねー!!」とついつい言ってしまうほどよく分かります。それができてこそ、本当の意味での「社会人」ですね。

 

いまの会社でしか役に立たないよなぁと思う仕事や、そのためのスキルは、一般化する努力をする必要があります。もし一般化できない特有の仕事なら、場合によっては思い切って手放したい。良い成果を出し、自分の価値を上げていくためにまずやるべきことは、不要な仕事を手放すこと。これに尽きます。

 

そういう私も、たぶん一般化が難しい(=たぶん不要な)仕事を抱え込んでいたりしますが、手放して成果を出すというサイクルはこれからうまく作っていきたいと思っています。

 

おわりに

今までは与えられた仕事、目の前の仕事をいかに素早く完璧にこなすか?というようなことを考えていた時期もありました。でも、手放して成果を出すという全く正反対の思考で仕事をすると、自分の仕事・成果の売り込み方が全く変わってきます。

 

新たな視点で仕事を回していけば、自分の成長にもつながるように思います。仕事を抱えすぎで身動きとれない!休めない!というあなたは、ぜひ仕事を手放すという視点で、仕事の進め方を考えてみてはどうでしょうか。

 

あなたの仕事の中で、自分がやることは減るけど成果は上がるというようなポイントをうまく見つけられれば、そういった仕事の回し方はどこへ行っても通用する一般化された高いスキルと言えると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。